<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
540育成中


某所レースに備えて540モーターを育成中です。XBに付属していた540を育成して、17500まで回るようにしたのですが、欲こいて更に回し続けて16000にダウン。(つд`)

ちゃんとお店で購入した540で育成を再開しております。ブラシの当たりが6〜7割出たところでの途中経過はこんな感じに。





今度は、いい感じですよ〜。(`∀´)ノ


やり方は至ってシンプルで3.0Vでひたすら回すだけ。あとは気がついた時に軸受けの給油行い、オリオンのモータースプレーをコミュに吹き付けるだけです。水中ブレークインも今回はパス。

ただ回し続けてトータルで5時間は経ったでしょうか。もう少し当たりをとった方がいいのか、ここで抑えておくべきか・・・。ちょっと悩んでいます。先のモーターが駄目になってしまったので。誰か、良いアドバイスがあれば御願いします。m(_ _)m




なぜ、540を育成しているのか・・・て?


4月頭は西へ攻め上るはずだったのですが、諸事情によりまた京を目指すことになりそうですので。相方の事情が変わったようですが、まだ予定です、ハイ。
| モーター関係 | comments(11) | -
T-MAX(ST)について少し
今回からヨコモの新型エンドベルであるT-MAXを投入しました。なかなか調子が良く気に入っております。




2.4Vで10分ほど軽く慣らしてブラシを見ると奇麗にあたりが取れており、そのまま415MSXXに搭載しました。ギヤ比については、ライトでは5.2辺りがいいのかなぁ・・・といった感じです。もう一枚ピニオンを増やしても良さそうな雰囲気でしたが試せず仕舞でした。もう少し様子を見たいところです。

進角は弄らず2コマのままです。実はモーマスで回しながら進角を弄ろうとしたのですが、過大に電流が流れて警告音とともにストップ。ちょっとビビってしまって、弄るのを見送りました。(・∀・∩)

6.0Vでのクイックテスト(3秒)の結果は以下の通りです。




ちなみに7.2Vだとこんな感じに。




もう少しで33,000回転に届きそうで、よく回っていると思います。回転数は気にしないといいましたが、ここまで回ってくれると自然と嬉しくなりますね。新型エンドベルはブレーキがかかるのでフィーリングが・・・と仰る方もみえましたが、私はそれほど違和感無くいけました。


しばらくエースモーターとして頑張ってもらいます。
| モーター関係 | comments(6) | -
見せてもらおうか、ヨコモの新型とやらを!
週末、和歌山県にある秋葉山荘というところに行ってきました。けしてオタクの聖地とはなにも関係ありませんが・・・。(・∀・∩)
嫁さんと愛犬とで行きました。ペットについてHPになにも書いていませんが相談できますよ。
隅々まで心配りが行き届いていて、なかなか良い空間です。昔の家屋に手を入れているのですが、こういうのもいいなぁ・・・と。また、伊勢海老尽くしの料理は最高でした。温泉がないのが残念ですが、ゆったり過ごすには最高ですね。桜の季節に行くと良いかもしれません。また行きたい宿の一つになりました。


         □   □   □   □   □


遅まきながら新型エンドベルのモーターに手を出しました。




現在主力となっている京商のPZ(FT-S)が最初の感じとは違ってなかなか調子がいいのですが、これが昇天してしまうと代わりがないことと、もう少し色々なモーターを試してもよいのではないかと思い、モーターを新調した次第です。先の太治でT内さんが使っていたのもありますが。腕の差であってモーターの差ではないと分かりつつも・・・ね?

とりあえず、個人の好みでトルク型としています。

専用工具がちょっち使い難くブラシの確認に往生しますが、2.4Vで10分慣らしをしたところ綺麗に当たりがとれていました。精度はなかなか良いようですね。

回転数をチェックしたところ、

 7.2V : 7.5A 30,500回転
 6.0V : 7.4A 25,800回転

  ※進角は弄っていません。2コマかな?

っといったところです。ちょっと当たりを取っただけですが、雰囲気的にはレイダウンのような感じですね。違うのは思ったよりも発熱が少ないところでしょうか。ただ、T橋さんの教えにもありましたが、回転数はあくまで目安でこれに一喜一憂せず、消費電力で管理していこうと思います。それとギヤ比との関係ですね。5セルをやるには、このノウハウを積まないと厳しいですね。

正直、ちょっと出遅れた感があります・・・。┓( ̄∇ ̄;)┏




○追伸
あやまっくさんのご依頼の件ですが、前後とも35.5〜36mmといったところです。ピロボールの中心当たりを追っています。
| モーター関係 | comments(7) | -
コミュ研について、少し
たまたまコミュ研の質問が続いたので、少しコミュ研について書きますね。


私が使っているのはHUDY製のコミュ研です。どこのメーカーがいいかと聞かれることがあるのですが、正直HUDY以外に使用したことがないので、コメントも難しく・・・。ただ、これを買ってよかったと思っていることは確かです。23Tで本格的に戦っていこうと御思いでしたら必須でしょう。

ただ、将来に備えて・・・となるとちょっと疑問です。将来23Tがどういう方向に向かっていくか分かりませんし、あっという間に廃れていく可能性も『0』ではありませんから、今必要・・・と思うときに買うのがよいのではないでしょうか。



スペーサーの調整は、取説にある通りですね。ローターをセットして、指定の寸法がとれているかどうか。0.2mmでしたっけ? なかなか難しいかもしれませんが、慌てずじっくり腰を据えてセットするのがよいと思います。



HUDYのローターを載せる台はボルトによりベースに固定されています。バイトの位置などによってこれを微妙に調整する必要があります。



これを調整したあと、適当に締め付けてしまうと歪んで平行がでない可能性があります。実際に何度か調整しなおしました。私が行き着いたのは、ここだという場所がきまりましたら、一度完全にばらして三角定規で垂直の線を引き、それを参考に水平を出すと言う方法でした。後ほど、あやまっくさんに精度を測って頂いた結果、かなりの精度でセットすることが出来たと思います。


コミュ研の方法は、ここを参照ください。これがベストかどうか確証はないですが、今のところこの方法が奇麗に仕上がると思ってやっています。あやまっくさんのアドバイスですが、バイトを長持ちさせる為には、研磨オイルはかかさない方が良いとのことです。高価なダイヤモンドバイトですからね。大事にしたいです。


ダイヤモンドバイトはイーグル製のモノを使用していますが、これでも良く研磨できていると思います。


あと、削りカスが原因で錆びが発生してしまう可能性もありますので、使用後は入念に整備するのがよいかと思います。特に、ローターを載せるVカットの台ですね。
| モーター関係 | comments(10) | -
今度の定期レースに向けて
来月もライトの定期レースに行く予定です。前回はノービスに参加しましたが、ある方の勧めもあり、今度はストッククラスへチャンレジしてみます。先のワーチャンの見学でテンションがあがってきましたが、ここのところ出張が続き思うように準備が進みません。せめてモーターだけでもと思い、研磨することにしました。




相変わらずのBZです。ずいぶん遊びましたが、これといってメンテナンスはしていませんでしたから、モーターマスターでまわすと回転が一定ではなく吹き上がりもよくありません。5〜6パックぐらい走らせたら、研磨が必要ですね。師匠は、走行毎に行っていましたが・・・。


とりあえず、分解&掃除をして研磨に励みます。最初は2.0Vでゆっくり行った後、4.8V仕上げる方法を相変わらずやっています。結構、ピカピカになるので仕上がりはうれしいですね。




自宅に戻ったら、モーターを組み上げて、ブラシを交換し、ブレークインを行うつもりです。あと、時間があったらマシーンのチェックをしておきたいなぁ。
| モーター関係 | comments(7) | -
研磨機の精度計測
ライトにて、あやまっくさんに研磨機の精度を計測していただきました。




まずは外観から。プロの目が光ります。(・∀・∩)




そしてダイヤルゲージにて、ローターに対するバイトの送りの平行度合いを1/100mmの単位で計測します。僕も学生の頃、実験でダイヤルゲージを使いましたが、せいぜい1/10mm程度。まぁ、計測レンジが違うのですが、ここまで細かく測れるものがあるなんて驚きですわ・・・。

じっくり計測していただいた結果・・・、



「何も言うことはありません。」( ̄^ ̄ゞ



とのこと。( ´−`)

かなり高精度に水平度を保っていることが分かりました。ローター台の平行度を出すのに四苦八苦していましたが、報われましたね。回転数によって結果がでているので信じていましたが、こうして改めて計測していただくことで自信が持てました。ありがとうございます。

HUDYのつくりは非常に良いと太鼓判を頂き、いろいろと講評をいただきました。理に適った作りだそうで、やはり視点が違いますね。なるほど・・・という話が多く、勉強になりました。


また、いろいろと教えてくださいね。(`∀´)ノ
| モーター関係 | comments(8) | -
最近のモーター研磨状況
政局が混迷を極める中、わたくし、AKIRAは、出馬の意向を固めました。公約は、電波法の改正です。ラジの為の電波の割り当てを、もっと増やします!

問題は、推薦があつまるかどうか。20名を集めるのは大変ですよ。・・・・ん? 焦点が違う?





さて、そんなことはさておき、最近23Tの調子がいいです。




エースのBZと、練習用として半分見捨てられたPZです。ここここでレポートしましたが、PZは気が向いたら使ってやろう・・・ぐらいにしか思っていませんでした。先の練習のとき、狭いホームではBZはパワーがありすぎると感じ、PZに載せ代えてみたのですが、

・・・、えらいパワーあるな・・・、これ。


進角も標準に戻してあるので、26,500回転ぐらいだと思っていたのですが、降ろしてもう一度計測してみると、

28,500回転にまで復活していました。


死に掛けたBZもそうだったのですが、コミュ研直後のモーターは、確かにそこそこ回る結果が出るのですが、一度シャーシに乗せて走らせると、更に回転があがっていることが多いんです。ブラシの当たりが出るからでしょうか?


JRMのレースでは、エースのBZに軽くコミュ研をして臨んだのですが、これもコミュ研直後は29,800回転と微増でした。回転が滑らかになったので良しとしたのですが、レース中はずっと調子がよく、もしかしてと思い自宅に戻って計測してみると、



31,400回転〜♪ (`∀´)ノ


研磨の方法は、あやまっくさんのアドバイスに従い、最初はゆっくり回して、仕上げは速く回して研磨しています。方法は、先ほどもリンクを貼りましたがここです。


いや〜、最近調子が良くて嬉しいですよ。うまく調整すれば、もっと回るのでしょうか。ちょっと頑張ってモーターをいじりたくなってきました・・・。(;´∀`)
| モーター関係 | comments(6) | -
HUDYコミュ研、追加レポート
残暑厳しい折り、このブログに飽きもせずお付きあい頂いております大兄おかれましては、如何お過ごしでしょうか。夏バテしていませんか?
甘やかせてばかりの我が愛犬はと言いますと、




かなりバテ気味です。(´・ω・`)



さて、夏を待たずしてバテてしまったBZ達の為に購入したHUDYのコミュ研について、追加でレポートをお届けしたいと思います。





前回のレポートで28,000回転まで、BZが復活したことをお知らせしましたが、その後、イチ尼の練習でエボに搭載し、4パックほど走らせた後に計測したところ、29,300回転まで復活していました。新品で卸したてのBZが29,400回転でしたから、何のためにこいつを購入したのだろうとちょっぴり後悔・・・。

そして練習後、あやまっくさんのアドバイスを参考に以下のようにBZにコミュ研を施しました。


1)2.0Vにて、汚れが取れる程度までコミュ研。
 その際、一往復毎に研磨オイルを使用します。

2)4.5Vにて、薄く仕上げます。もちろんオイルを使用。


言うまでもありませんが、バイトの送り出しはゆっくり一定に・・・。これが結構しんどいんですけどね。(;´∀`)



研磨した後、ブラシを新品にしてあたりをゆっくりと出し、再びモーマスで計測したところ、



30,400回転(!)




新品のBZより回っているよ・・・。( ´−`)


レースでは気持ちの問題もあり新品の方を使用しましたが、25,000回転まで落ち込んでいた奴がここまで復活するとは、秀樹感激ですわ。今まで、廃棄してしまったモーター達よ、スマン・・・。(T T)

しかしながら、若干、コミュにテーパーがかかっているようでして、慣らしをした際、ブラシは上の方から当たりが取れていきます。ノギスでなんぼ図ってもテーパーなんて判らないのですが、新品のブラシが物語っていますわ・・・。

コミュ研磨機をもっと調整してやれば、更なるパワーを引き出せるのではないかと期待していますが、これはある程度研磨して様子を見る以外になさそうですね。

次なる一手は既に打ってありますが、それについては、また今度に・・・。
| モーター関係 | comments(10) | -
今まで知らなかったタミレギュ
確認すれば良かったのですが、まぁ、あまり大きな問題とは捉えていたなかったモーター冷却ファン。今年の関西大会は猛暑ということもあり、BZを使うバギー四駆でもファンの使用が多くみられました。

正直、ファンの取り付けはレギュレーションでアウトだと思い込んでいた私は、タミグラがある度に、エボ5からファンを外していました。

個人的には、ファンの有無はどうでもよかったのですが、いちいち外すのが「あぁ、めんどくせぇ・・・」と不満に思っていましたから、確認しておけばこんな面倒なことはなかった・・・と。_| ̄|○






お迎えのピットでは、ライトでよくお会いするセナさんがMSを整備されており、覗いてみるとなんとファンが・・・。よくよく聞いてみると、ファンを取り付けること自体はセーフなんですが、それを取り付けるための金具についてサードパーティー製のものを使うとアウトのようです。たとえば鷲製のヒートシンクと一体型になったものとか・・・ですね。


そして、ビクトリーの最終組でしたので、一番最初のバギー四駆のオフィシャルだったのですが、車を並べているときに


 ブ〜〜〜ン・・・・


という音が。よく見ると、ポリカでステーを自作して装着している方が多かったですね〜。なるほど・・・といった感じです。



今後、23Tでタミグラに参加される方は参考にしてみては如何でしょうか。
| モーター関係 | comments(14) | -
BZをもう一台段取り
このお盆を皆様いかがお過ごしでしょうか。私の方はと言いますと、



愛犬にライフジャケットを着せて、川へ遊びに行きました。




結構、冒険野郎です。(;´∀`)




頑張って、タイルを敷きつめたり、砂利石を敷いて整備したベランダで、




打ち上げ花火を楽しんだりしました。(整備した甲斐がありました・・・。(涙))


         ×  ×  ×  ×


さてラジコンの方ですが、今週末に迫ったレースに備えて、BZをもう一台段取りしました。




実は、コミュ研を買う前から注文しておりまして、コミュ研と一緒に購入したものです。キャンセルしても良かったのですが、イマイチ、コミュ研を信じていなかったというか・・・。

これに、G☆STYLEのウルトラダイオードを装着しました。



サイズの割りには値段が安い・・・というところに惹かれました。見た目のインパクトも気に入っています。フクちゃんも似たようなのGTチューンにつけていたなぁ・・・。取り付けには要注意です。( ´−`)

早速、モーマスで当たりをとりました。まだ、回転数を測っていませんが、近いうちにサーキットでテストしたいと思います。回転音と消費電流からして、特に問題なさそうです。
これでBZは2台。パワーソースは万全かな? 後は、腕しだいっすね・・・。



| モーター関係 | comments(8) | -
<< | 3/7PAGES | >>