<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
ガライヤ、仕上げる
よう雨がふりますなぁ・・・。大兄におかれましては如何お過ごしでしょうか?

こんなときは冷房の効いた室内コースでまったり過ごすのが、よろしいおすなぁ・・・。
goody、久しく行けてません・・・。ごめんね、店長。


そんなことを思いつつも、小生は例によって仕事にプライベートに振り回されておりますが、今度の名古屋、なんとか天気が持ちそうな雰囲気ですので、ちょっとエンジンがかかってきました。両日ともに参加予定でして、一日目はGT-IFSに参加します。IFS用のボディを作らないといけないのですが、ガライヤがずっと放置されていたので、それを使うことにました。

実は、前のフルーツフラワーパークに間に合わせようと思っていたのですが、参加できないことが早々と確定してしまい、色まで塗って再び放置プレーに・・・。

まぁ、それがようやく形になったと。





それが、これです。




UCCガライヤ!(笑




前から構想はあったのですが、なかなか実行できず。やっと実った感じです。この絵柄は「Air/まごころを君に」の時のものですね。もう12年ぐらい前なのかな?

ちなみに今は「ORIGINAL」が抜かれて「UCC COFFEE」になっていますね。




ファイヤーパターン・レイは、今回はおとなしくまとめました。(笑



さて、ボディはできましたので、ぼちぼち車の準備に入りますか。
(スモークがまだですけどね・・・。)


| TB-03 | comments(7) | -
TB-03R
噂がたっておりますな・・・。つうか、もうマジでしょう。

TB-03R


発売は3月27日で定価は34,440円らしいです。アマゾンでは予約まで開始していますね。イメージがないのに。(笑

まぁ、内容は大体は予想がつきますがね。

 TRFダンパー
 アルミサスマウント
 アルミセンターシャフト
 アルミスパーギヤフォルダー
 スチフナー、ダンパーステー、リバサスなど足回りが強化樹脂
 エボ5のスタビ

ってところかな。(あくまでもAKIRAの予測ですよ


できれば、強化バスタブがついたら最高ですけどね・・・。これでガラッと変わるので、是非ほしいところ。あとリアダンパーステーはカーボンがいいなぁ・・・。



ん? 買わないけどね。(笑
| TB-03 | comments(8) | -
ワレ、ココニ、フッカツセリ


復活させました。TB-03。

ワーチャン2400クラス出場のしょーりん君のパパから「Tカー」リクエストがありまして。エボ5復活をもくろんでおりましたが、バルクが出てこないからね・・・。(笑

もう、ホントにバラバラでしたからね。一から気合いいれて組み直しました。どれぐらい気合いを入れたかというと、



ブラックコートのTRFダンパーを新品で入れるほど。(笑

足回りはスムーズですよ〜。すごく走りそうな予感が。
その他、新規で入れたパーツもあります。アルミサーボステーとかですね。もちろんハイトルクサーボセイバーは新品で。アッパーアームやステアリングタイロッド、プッシュロッドはアルミではなくチタンを奢りました。

普通に考えれば出番はないでしょうし、あったら困りますしね。気合いを入れまくっても意味がないのは頭ではわかっているんです。でも万が一、しょーりん君がこれを転がすことが有ったら・・・と思うと手が抜けません。仮にもシャフターズ会長でしたからね。

もちろん、そんなことが無いことを祈りますよ〜。(笑
| TB-03 | comments(5) | -
どんどん基本セットになるTB-03・・・(汗
若干リニューアルのあったライトサーキットに練習に行ってきました。もう、ラジコンがブームなんだね・・・と思えるぐらいにサーキットは賑わっていましたよ。 (・∀・∩)





ライトのチャレに参加すると、カリカリさんから「AKIRAさんは、いっつも巻き巻きっすねぇ。」と弄られてしまいます。でも間違いではないので、なんとかまともに走るようにしたいものです。

以前はリアのスプリングが固過ぎたんだろうと・・・と思い、今度はソフトになっているから大丈夫だろうと高を括ってコースイン。


と・こ・ろ・が、


やっぱ巻き巻きっす! ガ━━(゚Д゚;)━━━ン


やっぱり根本的にセットがライトにあっていないようです。もう明らかに前勝ち。まずはフロントから手をつけることに・・・。

  1. 前開きになっているサスマウントノーマルに(1A+1A)
  2. 順スキッドになっているサスマウントをノーマルに(前後とも1mmスペーサー)
  3. スタビを外す
  4. おもり(10g)を外す

こんな感じでしょうか。
これで随分前がちの状況が抑えられて、安定する方向へ変化しました。

ついで、リアのダンパーオイルを400番から300番に変更しました。まだちょっとナーバスなんところもありますが、なんとかカリカリさんとチキチキできる所まで引き上げることができたと思います。

車高調整やリバウンド量などで、もう少し微調整ができればと思いましたが、タイムアップ。久々にフロント周り分解して、大掛かりにやりましたからね。ここまで行ければ御の字でしょう。


まぁ、あとはタイヤ次第かな。(笑
| TB-03 | comments(6) | -
GT3700、今年仕様
GT3700仕様のTB-03のセットです。(もう、遅いっすか?)





去年と大きく違うのは、ロワデッキとカーボンダンパーステーを採用したところで、これらによりロール量が減り、リア周りがかなりソフトになっていることですね。

今年は若干ですがグリップに難がある印象でしたが、それでもいい走りをしてくれたと思います。ドライバーの腕がもっとましなら、上位に行けたと思いますが・・・。焦ってパイロンに乗り上げるなどして、ちょっと残念な結果となってしまいました。更に精進したいと思います。(・∀・∩)

私はWワンウェイにする必要ないと思っていますが・・・どうなんでしょうね?
ちなみに前後デフにしないといけない状況・・・というのは、相当ひどい路面ではないかなぁ・・・と思tっていますが、甘いかな・・・。チャレでも基本ワンウェイではないか・・・と思っています。

チャレでは多少高さ調整が入るかもしれませんが、基本、上のセットで行くつもりです。実際、走らせてみないと分かりませんが、またいい結果が出たら報告しますね。
| TB-03 | comments(4) | -
久々にボディを新調
某氏は全参加クラスのボディを新調する勢いですが、私は一枚だけ・・・。






まぁ、二番煎じですが・・・。┓( ̄∇ ̄;)┏
FDより赤の割合を多くしてみました。それとアスカがちょっち控えめ・・・。


なんとか調整をつけて、晴れの国は二日間とも出撃することになりました。今回も晴れの国には嫁さんがついてくるとのことで、いいところを見せようとちょっち張り切っています。(笑



1日目は3700とF1(103のラストラン!・・・だと思う)、2日目は104ワンメイクとバギーです。これ某氏とがっぷり四つですな・・・。(でしたよね?)
四つの意味が違うけど・・・。(笑)


vs. カッピーRの第二幕か・・・。(−.−)y-~~
| TB-03 | comments(7) | -
やっぱりソフトか・・・


軽く様子を見るため、goodyでチャレ仕様のTB-03を試走・・・。


リアのロール剛性が高すぎるイメージがあり、リアのスプリングをソフト(レッド)に交換。コーナーでの車の動きにメリハリがついて、かなりイージーコントロールに。goodyでここまで操縦できるか・・・という好感触を得たのは初めてですな。

加えて、今まで、リアにソフトスプリングなんぞ奢ったことなどありませんでしたが・・・、



やっと普通の子になったのね?!(爆



本当はまた今度ええか・・・なんて、放置プレー気味だったのTB-03ですが、エフさん登場でテストと相成りました。

だって、車にTA05積んでいるって言うし・・・。(´・ω・`)

ちょっちの買い物のつもりが、わたくしめに付き合わされる羽目になったエフさん・・・。お蔭様で、楽しくチェックすることが出来ました。Thanks!




カーボン混入バスタブ&リアカーボンダンパーステー・・・。恐るべし。これらオプション購入の方、今一度、走りをチェックされた方がいいかも・・・です。ちなみにフロントはミディアムスプリングでした。いたって普通なチョイスになっていると思います。

まだ、アスファルトでチェックしているわけではありませんが、次回タミグラやタミチャレで好感触でしたら、またセットシートを公開しますね。
| TB-03 | comments(3) | -
ライトのタミチャレに参加しました(TB-03)
さて、四苦八苦したタミチャレ09の方ですが、こちらはそれなりの参加人数で、23名がエントリーされていました。強化バスタブに変えてからあまりデータがないなかで、ツーリングは結構てこずりました。(^-^;



<練習走行>
コースイン直後は良かったのですが、後半はズルズルに。タイヤをみると坊主になっているので、比較的新しいものに履き変えて2〜3周するといい感じに。予選はこれで臨むことにしました。



<予選一回目>
ところが、予選が始まって数周すると唐突にスピンするようになりました。車がおかしくなったのではないかと思えるぐらいに。もう気分が萎えてしまったので、邪魔にならないようにフェードアウト・・・。

「AKIRAさんは、ライトだと巻き巻きっすね〜」

っとカリカリさんの冷やかしが・・・。お・・・お助け〜。(;´д⊂)



<ちょっち練習>
予選一回目と二回目の間に少し練習する時間がありましたので、様子をみるとどうもリアの剛性が高すぎるみたい。ロール確認するとほとんどロールしていないみたいで。

今までのTBでは考えられん・・・。(汗

とりあえず、リアダンパーをがっつり寝かせて、前後のスタビを外して様子を見ると、少しいい感じに。ここでタイムアップになったので、コレで予選二回目に挑みます。



<予選二回目>
最後の2〜3周は気持ちよく行けましたが、まだ唐突に滑るポイントあり。まだまだだなぁ・・・と思いながら、しかしこれでタイムアップしなければ後がありません。腐っても仕方がないので、慎重にアクセルを当てて果敢にタイムアタックして、最後の最後になんとかベストラップを更新。

8位でギリギリAメイン進出です・・・。(^^ゞ



<決勝>
まだまだリア剛性が高いのでスプリングをソフトに変えたいところですが、なんとスプリングセットを忘れた・・・。(汗
出来ることといえば、フロントのダンパーオイルを200番から400番にかえることでしょうか。後は車高調整で味付けを変えるぐらい。これらの調整でも大分落ち着いてきまいしたが、やはり唐突にスピンする箇所が出てきます。

もちろんタイヤも手持ちを色々試しますが、大して変わりません。

それも同じように走っているつもりですが、滑る時と滑らない時があります。多分、もう少しロール剛性を下げてやれば良いのではないかと思うのですが、時間もあまりかけられないので、なんとかこれで決勝を走りきるしか無いなぁ・・・と覚悟を決めます。


そして決勝は、なんとか一つだけ順位をあげて7位でフィニッシュしました。

とりあえず迷惑にならないように、でも、常に前を向いて出来る限りのことをやりました。そんな状態で1ラップされることもなくゴールできたことには多いに満足しています。



次回はじっくりセットしたいですね。これ、解決しておかないと気持ち悪いすわ・・・。(汗
| TB-03 | comments(6) | -
セッティングシートを久々
全く更新していないのに、欠かさずチェックを頂いている方々には頭が下がります・・・。ありがとうございます!

なんかネタ無いかなぁ・・・と考えていたところ、最近のTB-03のセッティングシートを載せていないな・・・ということに気がつきました。(どうでもいい・・・という突っ込みは無しでヨロチク。)


・・・が、あまりたいしたことはしておりませんよ。(笑







例によって『-1mm』とあるのは、六角ピローボールを使って、高さを下げていることを示しています。


ここ最近のトピックスとしては、カーボン混入のロワデッキとリヤにカーボンダンパーステーを使っていることでしょうか?
もう、これら無しでは生きていかれなくなりました。(´_ゝ`)


カーボン混入のロワデッキにすることによりロール量が押さえられて、前後のバランスが良くなる手応えを感じています。前後でかなりロール剛性比をつけている、得に極端にリヤを固めてしまっている方には有効だと思います。交換時の注意点と言えば、固めてしまったリヤは勇気を持って柔らかくすることでしょうか?(笑

自分マシーンのロール量をよくよく観察して、一からロールバランスを探しましょう。誰かに見てもらうのがいいですね。特に、エキパの車と比較するといいと思います。

リヤのダンパーステーの効能についてはこちらを参照ください。



私のセットはどちらかと言えば後半の曲がりを意識したセットになっていまして、初期反応に若干の不満が残っています。ここから先は想定であり結果がどう転ぶか分かりませんが、テストしたいと考えている内容です。


1)フロントにショートスプリング
これ某雑誌に載っていたのですが、なるほどお手軽でいいなぁと感じているものです。たしか、のぶしさんもショートを採用されていましたよね?

2)フロントスタビを追加
あとお手軽に試すとすればスタビの追加でしょうか。剛性が上がってしまいますが、様子をみてみたいですね。

3)IFSの廃止
フロントのタンパーステーを追加して、IFSをやめてしまうのも一つの手かもしれません。ちょっとお手軽ではありませんが・・・。周りではなかなか評判がいいようですので、試してみたいアイテムではあります。ただ、ボディの制約がでるので、ちょっと手が出ない・・・というか気乗りしない部分ですね。

4)フロントサスマウント(後側)に、スペーサーを戻す
キヤスター角効果を狙っていますが、見直しがいるかも・・・と少しもやもやしています。キヤスター角についてはここを参照ください。




あくまでも妄想です。(笑
もっとも、問題は走らせる暇があるのか・・・ですが。(; ̄д ̄)


| TB-03 | comments(5) | -
TB-03にブラシレスを積む
さて、実行してみましたよ。TB-03にブラシレスの搭載を。ナースマンさんから頂いた情報通り、アンテナポストが当たって邪魔です。アンプが意外なほど大きい。これをなんとかしないとTB-03には綺麗に搭載できません。ここから紹介する方法は、まだ、搭載しただけで実走によるチェックはしておりません。どんな問題がおこるか想像できませんが、真似される方は自己責任で御願いしますね。(言うほどたいしたことはないと思いますが。(笑))





さて、まずはポストを上にあげないといけません。長いビスをナットで固定し、おっ立てます。緩まないようにしっかり締め上げてください。






そしてアンテナポストをクル、クル、クル・・・・っと締め込んでいきます。ある程度、手応えがあるところでストップするといいでしょう。






こんな感じです。私はやらなかったのですが、緩み止め剤を併用した方が良かったかも。走行中に明後日の方向に向いてしまうことが心配事項ですね。






アンプを搭載するとこんな感じですね。モーター側から横へ滑り込ますようにします。アンテナポストを締め込みすぎるとアンプが入りませんので、ちょぴっと気をつけてください。それと、アンプの向きはこれでなければ無理そうです。これを加味して、モーターとの接続を考えないといけません。






つまり半田のやり直しですね。箱出しの状態では内向きに向かってシリコンコードがついています。この状態ではアンプとの接続がかなり窮屈です。これを外して、アンプ側のシリコンコードを短く切り、外側へ向かって伸びるようにシリコンコードを半田付けします。






搭載するとこんな感じです。なんとかセットできました。念のため必須事項を列挙しますと、

  • ローハイトサーボでなければ無理です。私が使っているのはフタバのS9550です。 
  • 受信機も可能な限り小さく。搭載例はフタバの2.4G受信機R603FSです。ちなみにフタバのシンセ受信機はNGでした。本当に微妙です。





あと、秘策はサーボ前出し。(ここを参照ください。)皿ワッシャー一枚分だけ前に出しています。これをやっておかないと、ちょっと難しいかも。それぐらい微妙な設置スペースになっています。




非常に厳しいです。スペースが。(by 財津一郎)

もうちょっとだけアンプが小さければ綺麗に載ったと思うのですが。もし良ければ、参考にしてやってください。


| TB-03 | comments(12) | -
<< | 2/7PAGES | >>