<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
TA05のスタビ
ソニー、ハイビジョン撮影可能な世界最小・最軽量のビデオカメラを発表・・・

エフさんのザクティもいいなぁ・・・と思っていましたが、似たような手のひらサイズで今度はフルハイビジョンかよ・・・。昔は、ハイビジョンといえばごっつい機材でなければ無理と思っていましたが、ここまで小さくなるとはすごい時代が来たもんだなぁ・・・と改めて思います。

とはいえ、編集していない旅の思い出が一杯あるので、欲しい・・・なんて口が裂けてもいえないAKIRAです・・・。(・∀・∩)





TA05Rの整備を進めているのですが、思ったほどはかどっていません・・・。意外なパーツが微妙に曲がっていたりナロー化したいけどパーツがなかったり・・・。リヤ側は1XDがないので通常のナロー化を断念。昔のデータから秘策を投じましたが、うまくいくかはレースで確認します。(・∀・∩)




フロントに目を移すと前開きに必要なものは揃っていますので問題なし。スタビの調整をしたところで終了しました。オプションのスタビホルダーを使用せず、ストッパー(写真の青い奴です)を二つ使ってガタを抑える程度です。これで十分かと。あとはイモネジで固定する際にねじりが入りますので、スタビロッドをつける前にスムーズに動くかのチェックが必要です。ガタがなくスムーズに。基本の「き」ですが、面倒がらすにやりましょう。

その後はスタビの片利きがないか、ロッドの長さを調整してバランスをみます。詳しくはここで書いていますので、興味のある方はどうぞ。結構、手間隙かかりますよ〜。



今晩中にダンパーまでメンテしたいところです。あとは、天気次第ですね。いまのところ、何とか持ちそうですが・・・。
| TA05R | comments(5) | -
京攻めに備えて
なんとか日曜日曇りマークのみになり、降水確率も40%まで落ちましたな・・・。(;´∀`)
まだまだ予断を許さない状況ですが、京攻めに備えて準備を本格的に始めましたよ。(`∀´)ノ





今回もN1と23Tのダブルで行きますが、空気を読めとのお達しもあるとか・・・ないとか?(笑
そんなわけで、N1はこのところ調子を上げてきたTA05で行こうかと思います。そうなるとボディSC430になりますがね・・・。

軽いメンテとサスマウントの変更を実施するべく、ただいま分解中。おなじみのナロー&前開きセットとします。ここのところのセットの集大成がどんなレベルなのか確認させていただきますよ。ライトではTA05のバランスのよさに手ごたえを掴みましたので、結構楽しみにしています。

23TはMSXXで行きます。シャーシのねじれをチェックする程度でモーターの整備を実施しました。




研磨して軽く慣らしをした程度のT-MAXですが、調子いいですねぇ。ちなみに7.2Vで32500といった所です。パワーマネジメントも大分データが取れましたので、全く未経験だった前回よりはもうちょっとマシな走りを披露できると思います。タイヤもちゃんと用意しましたしね。楽しみです。


さて540ですが、コミュも綺麗な状態でしたので、更に2時間ほどまわしてブラシの当たりをとりました。やっと全当たりがとれたところで計測してみましたが、




う〜ん、たいして変わらないね・・・。(;´∀`)

数値的には合格ですので、問題は全然ないんですけどね。某氏のクリニックを現地で受けることにしましょうか。(笑
| TA05R | comments(4) | -
TA05も大分いい形になってきました
23Tばかりではありません。TA05のストチャレ(Dじゃないよ)を意識したセットも少しずつですが煮詰めております。
晴れの国で活躍する予定だったのですがね・・・。(´Д⊂




チャンプから引きずっていますが、SCボディにいつ買ったか覚えていないような500円スリックタイヤです。





以前試して手応えを感じたナックル側のピロボールの位置。コーナー初期のリアの流れ方やロールの仕方が尋常ではなかったので、穴位置を後ろにしました。05Rの取説は前側になっているのですが・・・。これで、弱アンダーですが普通に走るようになりました。
ここまではチャンプで実証済み。





手こずったのは2分ぐらい経つとリアが流れ出すことでした。リアのアッパーアームのピロボールの内、アップライト側のスペーサーを3mm/バルク側はなしとしていましたが、今回ライトサーキットで走らせる際は写真のように、アップライト側は1mm/バルク側は0.5mmとしました。これがあたって、終止安定して走らせることができるようになりました。

ロールさせた際にタイヤのエッジで踏ん張ればいいのだろうと考えて極端なスペーサーの入れ方をしていたのですが、それが裏目に出ていたようです。

リアがしっかりグリップするようになったので曲がりがかなりきつく、コーナー中盤でかなり失速しているようです。そこで、フロントサスマウントを1C+1Aとして1度の前開きにして、かつ1Cの下に1mmのスペーサーをいれてスキッド角をつけることで改善が見られました。


エボ5でも感じていましたが、ステアリングの取り回しの調整が与える影響って馬鹿にならないなぁ・・・と感じています。エボはバンプステアの調整でしたが。何事もバランスが大事なんですね・・・。


リアのサスマウントは1X+1Dとしていますのでもう少しナローセットにし、フロントサスマウントをもう少し前開きにすることで、更に良くなるのではないでしょうか? あとは車高など微調整でつめていければと思いますが・・・・・・





こいつはいつ出撃できるんだ?!
| TA05R | comments(10) | -
<< | 2/2PAGES |