<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
関西大会に参加してきました(2WDバギー編)


F104と一緒に2WDバギーでWエントリーをしていましたが、バギーについては前日までマシーンのセットどころか動作確認ぐらいしかやれませんでした。ステアリングにリバースがかかっていることは良くあるので、そのチェックをしてホッとしたのも束の間、スロットルを握っても動きません・・・。

あれ?

っと思ってブレーキ側に振ると「ギューン!!」




こっちがリバースかよ・・・。_| ̄|○



さて、その程度のチェックでコースインしたバギーですが、練習走行では思いのほかいい走りをします。デュアルブロックのCで臨みましたが、なかなかいい感じです。

ただ、車高がごっつい低くて、ジャンプをするたびにそこを突きまくっているので、車高をあげることと、オイルの番手をあげることにしました。


予選はそこそこいい感じに走っているのですが、スピードにのって気持ちよく走るものですから、ついついオラオラ走法に。これで注意されることが、次のF104の落ち着いた走りにつながってはいるのですが・・・。

世界のC様!からも、「おっさん、握りすぎじゃ」と・・・。

反省です。

二連ジャンプのコツも掴んだ感じでしたが、ちょっと不満が残るレースとなりました。車自体は悪くないと思いますので、後は腕ですな。特にジャンプの進入。これに尽きますな。

予選は12番手でしたが外人さんが4人もいましたので、繰上げでAメインに。決勝も途中までいい走りをするのですが、中盤でフェンスにコツンっとやってしまい脱臼・・・。うまい具合に師匠の前に止まるものの、その時点で戦線離脱。


まだまだですな。(;-_-)=3


そしてゴールしたときに奇跡が・・・。
8番グリッドからスタートして二つ順位をあげたことも奇跡に近かったのですが、ゴールをアナウンスされて車を止めたときに左後ろのタイヤが・・・・


ぽろり。(・∀・∩)


いや〜、23Tって大変なパワーだなぁ・・・と再認識するとともに、ぽろりで始まりぽろりで終わる。今日のワシは、なにかある・・・とちょっぴり思いましたよ。┓( ̄∇ ̄;)┏


二駆もなかなか面白いですね。もう一戦ぐらいやりたいですな。ジャンプの着地と進入に課題を置いてですね。あっ、オラオラやらないことと。(笑




※すんません、セットらしいことはほとんどやっていません。底付きしないように車高をあげたぐらいですね。それぐらいデュアルブロックでしたら楽しく遊べると思いますよ。


| デザートゲイター | comments(0) | -
デザゲを引っぱりだす


今度の関西大会で2WDに出場するべく、デザゲを引っぱりだしました。随分久しぶりでパーツが無いじゃないかと心配しましたが・・・。

タイヤは、新品ね。

有無を言わさず、デュアルブロックタイヤ指定っすからねぇ〜。(笑



アンプを一応手持ちではいいものを奢りました。以前デザゲを走らせたときはダートチューンだったわけですが、今回は23Tかブラシレス。とりあえずBZTZ(間違えました)が2基あるので、それをチョイスしたのですが、バッテリーが7.2VOKにレギュが変更になりましたのでね。それなりに信頼できるものないと、真夏のレースはちょっち心配で。





しかし、四駆のフロントタイヤをフロントホイールにはめるなんて、そんな発想はありませんでしたが、やってみると意外とはまるもんすね。ただ、ちょっぴり無理がありますので、よく馴染ませてから接着にかかった方がいいと思います。

ただし、DT-02はホイールの指定がありますので、良く確認しましょう・・・。師匠の指摘があるまで気がつきませんでした・・・。(汗

  • DT-02シャーシで全日本選手権2WDバギークラスに出場する場合、 51205 2WDアストラルディッシュホイールF(60/19)または、51261 2駆オフロードディッシュホイール前輪(60/19)にデュアルブ ロックタイヤF各種を組み合わせてください。(2010.6.18追記) ※タミヤHPより

つまりTRF201ホイールは、TRF201だけよ・・・ってことですな。(・∀・∩)


| デザートゲイター | comments(2) | -
デザゲのついて少し
先のタミグラの2WDクラスにて、師匠から「よく曲がっている」と好評でしたので、今回はデザゲについて少し書きます。




ポイントはブレーキングだと思いますが、セットもそれなりに効いていると信じています・・・。

まずはセットからですが、ロールセンター軸を前下がりになるようにセットを心がけました。フロントのロール剛性を低く、リアのロール剛性を上げてフロントに加重が載りやすくする・・・ということですな。

そのためには、フロントの車高を下げて、リアの車高を上げることと、スプリングにてロール剛性を調整することぐらいでしょうか。(正確には、車高の上げ下げもロール剛性に効きますが・・・。) 横から見た感じは下の写真の通りです。




リアのスプリングをハードにしてスペーサーは大目でリバウンドが2mmぐらいの状態に、フロントはスプリングをソフトにしてスペーサーを使いません。ただし、フロントがこの状態ですと、スロットルを入れたときのフロントの動きが米つきバッタのようにペコペコとなり、ステア反応はあまり良くない印象でした。(フジモデルにて経験済み)

そこで、フロントダンパーにはスペーサーを6mmほどいれてリバンド量を制限します。





これらのセットとブレーキングを使うことで、うまくコーナーを曲がることができたと思います。



プレーキングですが、私はニュートラルブレーキを使いました。スロットルを放したときに緩くブレーキがかかる状態です。おそらくフルブレーキをかけるとスピンしてしまうのではないでしょうか。ジワっとブレーキをかけてフロントに加重をかけつつある程度の惰性で転がるの良いと思います。

ブレーキをかけたら、ノーズの向きが変わるまでちょっと我慢がポイントかもしれません。また、ブレーキの量は調整がいりますね。私はたまたまレースでうまくあわせられましたが・・・。




まぁ、最後に予選落ちの私から最後のアドバイスをするとすれば、


受信機はちゃんとしたメーカーのものを使いましょう!
| デザートゲイター | comments(6) | -
タミグラに向けて、その1
もうすぐタミグラで忙しいというのに、ここのところやたらと東京への出張が続きます。昨日なんかは京都駅で事故があったらしく、しばらく新幹線で缶詰に・・・。もう冗談じゃないっすよ。

ただ、おやじ心にちょっと嬉しかったことが・・・。ここのところ東京都内を久し振りに右往左往しているのですが、そこで驚くのは女子高生のスカートの丈の短さ。関西の子も短いと思うのですが、東京はその8割・・・、いや下手したら7割ぐらいの丈ですかね・・・。


東京はすげ〜とこだなや・・・、かあちゃん・・・。ヾ(´ω`=´ω`)ノ



     □  □  □  □  □  □

閑話休題 (・∀・∩)




しかしなんですなぁ・・・。土曜日だけ、ピンポイントで降水確率が高い・・・。ライトのレース中にかかってきた先のT師匠からの電話でも、


 T:そっちは土砂降り?
 A:雲一つないっすよ。そっちこそウェットドライブで大変だったのでは?


っと、お互いが雨男ではないことを確認したにも関わらず・・・である。掛川の会場では「霧の魔人」も駆けつけているし、おかしい・・・。北斗○拳でケンシ○ウが強敵(とも)と戦うときは天候が荒れるように、猛者が集まるとそういうことになるのかな? (あんま、うれしくねぇ〜〜。)

とりあえず、無事開催されることを祈念いたしまして、バギーの準備から始めました。




調整する・練習するといいながら、全くなにもやっていません。リアのダンパーステーが骨折したままでしたので、さすがにそれはまずかろうと交換しました。あと、全くと言っていいほど曲がらないのを、岡山遠征のときに思い知らされたので、その点を調整しようと思い立った次第です。これまでの勉強した成果を盛り込むとすると、必然的に導かれる答えは、


 フロント:ロール剛性(低)
 リア:ロール剛性(高)


これらを目指してダンパーやスプリングを調整しているところですが、果たしてどこまで効果があるのか・・・。テストなしのぶっつけ本番ですわ。(−.−)y-~~


あぁ、ジャンプの練習もしていない・・・。
| デザートゲイター | comments(11) | -
とりあえずデザゲ
05Rが出ないので、とりあえずビールではありませんが、デザゲを整備しました。



買ったまま放置していた、ターンバックルセットです。レースに出るならコレぐらいの調整はあってもいいでしょうと購入しておいたのですが、走らせる見通しが全く立っていなかったので、取り付けるほどのやる気が出なかったという・・・。(汗



取り付けてみるとなんだか、やる気が見えますね〜。

それと前からちょっと気になってはいたのですが、ジャンプした後のフルボトムで底突きしてしまいますので、リヤのダンパー部分にOリングを入れておきました。



五個入れてますが、入れすぎ?

なんか、ロール量が制限されてしまいよろしくないのかとも思いつつ、まぁ、いいか・・・と。あと、ダンパー内にスペーサーを入れてリバウンド量を制限しようかと思ったのですが、特にデータもないので、こちらは見送り。

私のカンジニアリングで車高をさげて置くと、リバウンド量は30mmぐらいになるのですが・・・。かなりまったりしたコーナリングになるのかなぁ。
| デザートゲイター | comments(6) | -
いくぜ、バギーキング
師匠の薦めもあり、フジモデルさん主催のタミチャレに参加することになりました。一部では、05R販売延期の原因とも噂される西宮の魔人が行くという情報があるとか・・・ないとか・・・。参加を予定されている皆さんは、ぜひ傘のご用意を・・・。

結構やっかいな魔人でして、中止になるほどの雨は降らせません・・・。グリップが下がる程度のお湿り雨を降らせますので、グリップ確保のノウハウが必須かと・・・。雨が降ったり急に晴れたりと、非常に厳しいレースが予想されます。(笑

さて、タミチャレのエントリー用紙のコピーをTさんより送って頂いたのですが、内容をみるとバギーキングというのがありますね〜。

そう言えばちょっとやる気になって、すぐに休眠状態なった奴がいるなぁ・・・と。



君の出番だよ。

とりあえず、オンロードの路面で行うバギーレースって全く初めて・・・。全然ノウハウがないのですが、どうしよう・・・。とりあえず、車高は低めで、ジャンプの底付きに備えて、ダンパーシャフトにOリングを入れておこうかなぁ・・・という感じですかね。



お得意の「カンジニアリング」で行くと、ロアアームが水平になるくらいがなんだかよさそう・・・。スペーサーを全部取るとちょっと車高が低すぎるような感じがしますので、この辺り、微妙な調整がいるかな。全部とった状態で、リヤのリバウンド量は30mmって言うところ。これって多すぎか・・・?

全く、根拠なし。

さて、どうしましょう・・・。あっ、モーター買わなきゃ・・・。
| デザートゲイター | comments(5) | -
デザゲで犬と戯れる
日曜日、新西宮ヨットハーバーでがんばっている仲間達に思いをはせながら、応援に行く前に公園でデザゲを走らせて犬と遊んできました。



あまりにも回らなくて見放したスポチュンを積んで、19枚ピニオンで走らせましたが、良く走りますね〜。取説では17枚でなければ駄目だと書いてありましたが・・・。(んなこたぁ、関係ねぇ・・・と言わんばかりですが、なにか?)

思いの外スピードに乗りますし、余裕で犬を振り切っていくので感心しました。低重心で安定感もありますし、早くサーキットに持ち込みたいですね。やっぱりバギーはジャンプやギャップがないと面白くありません。ゼノン・ハーデスX13Tも入荷したとイチ尼の店長から連絡もありましたし・・・、

やる気、満々です!

いくとしたら、やっぱり加西かな・・・。三重のTRSにも久しぶりに行ってみたいし。僕が03F・PROを抱えて練習に行ったころは、まだオフはなかったと思いましたが、立派なオフロードコースができたみたいですからね〜。う〜ん、どうしようかなぁ。

(ブログのタイトル、考え直さないといけないっすかね・・・。)



コタツでくつろぐ愛犬・・・。お疲れちゃん。
| デザートゲイター | comments(2) | -
ボールデフとマジックテープ
今日もデザゲネタです。オプションで作り忘れていたボールデフと話題になったマジックテープを仕込んでみました。



まずは、ボールデフの袋から空けて、プレートとボールの脱脂に入ります。例によってアソシのステルス・デフルーブとブラックグリスを使いますが、スラストベアリングがデカイのでブラックグリスも塗り甲斐があります。このデフも、03F-PROの頃から受け継がれているんですね。それよりもっと前かな・・・? (その割には、結構いい値段するよな・・・、このデフ。)



2.5mmの六角レンチなんて、随分久しぶりです。ツーリングでは滅多に使わないので、思わず工具箱を漁っちゃいましたよ。おおよそ、カンで締め込みを完了しました。この辺りは走りながらいいポイントを探そうと思います。後で、調整が利きますから。

さて、ボールデフの組み込みですが・・・、

これって、全バラに近いな・・・(^^;

ちょっと気が重くなりましたが、勇気フルってギヤボックスを外し組み込みを完了しました。このギヤボックス取り付けの機構って、昔のフォックスのものが受け継がれていますね。ロア側がこんなにフニャフニャで良く固定されているな・・・と、子供心に感心したモノです。そんなことを思い出しながら、組み込みました。

きっといい走りをしてくれることでしょう!




さて、続いて取り出したるは、百均で買ったマジックテープです。裏側が強力な粘着テープになっているタイプで、ハサミで切ってこれを装着していきます。



ところが、25mm巾って結構広いんですね。バスタブシャーシからはみ出してしまう部分があるので、カッターナイフでカットします。





ボディ側にも相方をつけて完成。結構ピッチリつきますね。正直、はがすのが面倒なくらいで。
これで、防塵対策もバッチリかな?
| デザートゲイター | comments(2) | -
メカ積みだけ完了
デザートゲイターですが、とりあえず、メカだけ積んじゃいました。受信機とアンプですが、衝撃を少しでも緩和するために、バッテリー固定用のスポンジを引いて、その上にのっける事にしました。



これが、どれほど効果があるかわかりませんが、少なくとも剥がし易くなったと思います。バスタブシャーシってメカの積み替えのとき往生しますよね。これだったら、間にドライバーとか突込み易いですからね。



しかし、最近のメカは本当に小さくなりましたね〜。設置場所なんか全然困らないし。モーターへのシールドは、両方ともブラックにしました。ギヤボックスやダンパーステーが黒なので、赤色のシールドでは、なんだかかっこ悪く思えて。でも、半田付けのときは間違えていないか緊張しました。(^^;



とりあえず、走るぞ〜・・・ってな感じにまでなったデザゲ。形になってくるとうれしいですね。アンテナパイプも緑があったのでそれにしました。


さて、ボールデフを組まなきゃ・・・。しょんぼり
| デザートゲイター | comments(5) | -
デザートゲイター始動・・・
レースの準備で忙しく、しばらく放置プレイ状態だったデザートゲイターです。いつ当番が回ってくるか分からないセットアッパーのようではありますが、公園デビューをエフさんと誓いあったこともあり、それに向けてオプションを組み込んでみることにしました。


まず気になったのはサーボセイバー。フロントタイヤを持ってサーボを動かしてみると、なんだか貧弱に思えましたので、ハイトルクサーボセイバーに交換です。


組んだ感じはやっぱりグッドですね。最初に感じた不安感はなくなりました。付属のサーボセイバー(白色)って、これ、私がRCを入門した頃に出たものと全く変わっていませんね。減価償却は、もう、しまくったのでは? ホリデーバギーにはついていませんでしたから、これが出たころは画期的だと思いました。ちなみに20年ぐらい前の話ですが・・・。こんな小物でも少しずつ進化しますね〜。


アンプは、エボ3についているキーエンスのエクストレイをもぎ取り搭載します。これは来るべきモディファイモーターに対応するためですが、そんな日が本当に来るだろうか・・・と目を細めるばかりです。念のため、ヒートシンクも後でつけておきましょうか。当然、モディファイならタミヤコネクターでは解けてしまう恐れがありますので、交換が必要ですね。でも、まだ買っていないっす・・・。それどころか、モーターもないしね・・・。

受信機もエボ3からもぎ取ります。例の小型受信機。振動対策が必要でしょう。バッテリー固定に用意したスポンジを使おうかな・・・。


ギヤデフとの比較なしに、いきなりボールデフを組み込みます。ギヤデフの場合、粘土やグリス等でコントロールする手もあるかもしれませんが、そっちのほうはあまりノウハウがないので・・・。


公園デビューを想定して、ハイデンシティスパイクタイヤを用意しました。これでエフさんをチギる・・・と思っていますが、ちょっと気が早いか?! GAGAでブラックのホイールが販売されていたのでそいつをチョイス。本当は、フロントもブラックにしたいけど、まぁ、いいか・・・。


何はともあれ、積みますか。
| デザートゲイター | comments(4) | -
| 1/2PAGES | >>