<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
T-MAXもメンテ


岡山のラジコン大好きなおじさんが金曜日に来るかもしれない・・・という連絡が入りましたので、返り討ちにするべく、GTチューンについでT-MAXもメンテしました。今回はコミュ研がメインですが、ブラシを外すためのレンチがどこへいったか見つからず往生しましたよ。こちらはいつ以来ぶりのコミュ研かすら思い出せません。(笑




コミュ研はHUDYを使っています。やり方は相変わらずです。詳細は、こちらで。軽く薄く、何回かにわけて・・・が基本だと思います。




進角はつけずでこんな感じ。ちょっと元気がないかな?
(さては、ブラシの当たりがまだ出てないな・・・。)


こんな数字をみせたらブラシレスを買え・・・って、おじさん、五月蝿いんだろうなぁ。(・∀・∩)
| モーター関係 | comments(9) | -
GTチューンメンテ
ほぼ週例化したフライデーナイトや某氏からのサタデーF1の誘(いざな)いなど、色々と誘惑の多い週末を迎えられようになったのはgoodyのおかげ。でも、今のワシは


腰がやばいんよ・・・。(´Д⊂


じっくり治します・・・。


          □     □     □     □


さて、今日は自分用の記録です。(笑
モーターを見て「これ、いつメンテしたっけ?」って言う状況がよくありますんで・・・。ここのところ激しくチキチキしたGTチューンですが、岡山大会以来、特になにかした訳ではないはず。もっともGTチューンで走っていなかった事もありますが。


そこで、メンテですわ。



TBからGTチューンを下ろした状態っす。TBも足回りをチェックして、ダンパーの調整だけしておきました。



エンドベルを分解して清掃します。今更感もありますが、分解、組み立てに必要なジグ関連はこちらで。分解した際に、ついでにブラシ下のバネを少し起しておきます。あまり起してしまいますとブラシがスムーズに入らなくなりますので、ブラシがスムーズに入りつつ、ガタを起さない・・・が大事ですよね。



長年愛用しているハイブリッド製センタリングジグ。メーカーは問わないと思います。組み立てが完了したら、使用済みのブラシで通りを確認します。スムーズであれば、ブレークインを行いますが、どこか引っかかるようでしたら修正を行います。




とりあえず、完了〜♪
| モーター関係 | comments(8) | -
「源」と書いてパワーソースと読む、その1
今年を表す漢字一字と言う話題がちょっと前にありましたが、私が書くとするならば、「源」と書きますねぇ。一応、パワーソース・・・という意味でね。


(誰ですか、「痛」とか言った人は・・・。(汗))


今年はとにかく「源(パワーソース)」の管理の大事さを改めて思い知らされた一年であった訳です。今年は太治のレースで年明け早々優勝させて頂いたのですが、これは偏にT橋さんのおかげであります。秘蔵のバッテリーにごっつい育てた540を惜しみなく投入して頂き、圧倒的な速さで優勝しました。

しかし、その次のレースに自分の540とバッテリーで参戦し、これが惨敗・・・。540モーターって難しいなぁ・・・なんて思ったもんです。あくまでも540が・・・。


しかし、タミチャレに参戦する内に初夏の頃からどうも首を傾げることが多くなりました。首の骨が折れたんか・・・というぐらい傾げていましたよ・・・。その時はバッテリーだと思っていましたが(もちろんこれも大事ですけど)、まさかライトチューンだったとは。




夏以降はとにかくジリ貧で、折角遠方からM原メカやC様、ちゅうボスさんらがライトへ御越しになられた時もいい所が見せられず、この日は今年一番のどん底で二進も三進もいかない状態でした。

M原メカ殿の進言がなければ、まだ迷宮に彷徨っていたかもしれません・・・。(多謝)



・・
・・・

時は流れて12月、ライトサーキットで再度ライトチューンを確認しました。まずは、どうしようもないモーターをなんとか「これなら」と思えるところまで引き上げてコースイン。ところが、一緒にチキチキやって頂いているTERA3さんについていけません・・・。

これだよなぁ、俺を絶望させたのは・・・。



箱出しなら少なくとも問題はない・・・なんつうアドバイスを少しばかり半信半疑(オイ!)に思いつつ、新品のライトチューンに積み替えた所、アドバイス通り無問題・・・。


なんじゃコリャ!


直線でブチ抜かれる事も無く、チキチキと遊ぶことができますよ。(ォ・ω・`)

この手のクラスのモーターは、性能というのが数字では分かりにくい領域にありますな。特にライトチューン。色々とM原メカからレクチャーを受けましたが、もっと色々とデータを集めないと駄目だと改めて思い知らされました。


ちなみにツーリングで駄目だ・・・という烙印を押されたライトチューンですが、F103ならば全然現役で扱う事ができます。トルクよりも回転数がそこそこあれば行ける手応えを感じています。きちっとしたデータがあるわけではありませんが、逆に大きなパワーは必要ないかもしれませんね。特に、スポンジタイヤが指定になりますし、某情報が正しければ扱いが難しくなる可能性がありますのでね。



皆さんは今年一年をどんな漢字一字で表しますか?
| モーター関係 | comments(14) | -
夜な夜なモーターを回す
ライトチューンはやたらとシビアだと思い知らされたあの戦い以来、モーターのメンテはかなり神経を使うようになりました。回転数も大事ですがトータルバランスといいますか・・・、

M原メカの教えをヒントに頑張っています。(`∀´)ノ




夜な夜なモーターを回すというのはちょっと大げさですが、今まで適当にやっていたものを気合い入れるようになった・・・という感じです。エフさんの話やあやまっくさんの話を伺うにつれ、みんな頑張っているなぁ・・・と反省した次第で。

皆さんから頂いたヒントや頂いたエクイップメントを使って私も研究を始めました。とりあえず駄目モーターの再生から入りましたが、今の所、いい感じのようです。ただし、F103 に載せて走らせた感じですけどね・・・。ツーリングに載せてナンボだと思いますので、結論を急いではいけません。これからデータを集めていきたいと思います。


ところで来年のチャレのレギュ、どうなるんでしょうねぇ・・・。(´・ω・`)
| モーター関係 | comments(4) | -
やっちまったなぁ、オイ!(笑)
さて、今月は19日に某所でタミチャレが控えておりますので、GTチューンからライトチューンに換装です。事前に練習しておこうと思いまして。まずはその前に、そこら辺に転がっていたライトチューンに注油して、エンドベルを調整しモータースプレーで洗浄後、慣らしをかましておきました。

実は手持ちのライトチューンは二つしかなく、一つはTB-03用で、もう一つはミニ用となっております。どちらか調子がいい方をTB-03に搭載しているわけですが、モーターマスターで確認すると、




17,000回転をちょいオーバー。う〜ん、なかなかいいんでないの?(笑




今までミニに使っていたけど、これがTB-03用だな・・・なんて思いながら、もうひとつをチェックすると、






やっちまったなぁ、オイ!(爆



こっちは17,500回転をオーバー・・・。これは嬉しいんだが悲しいんだがよくわかりませんなぁ。とりあえず、こいつをTB-03に積んで激しく練習しようと思いますが、もう一個新品を用意しておくべきかな・・・。


その・・・、燃え尽きる前の前兆というか・・・ね、エフさん。(笑

どちらにしてもデチューンを考えないといけないのであれば箱出しの方がいいかな・・・と。
| モーター関係 | comments(11) | -
モーターチェック終了
土曜日のレースに備えて準備も大詰めです。ぼちぼちモーターのメンテに着手しました。

ミニはライトチューンですね。普段レースに使っているものですが、エンドベルを分解して歪みが無いかをチェックします。ミニのエンドベルは良く歪むらしいですからね。実際、ライトのレース前に店長に指摘された事がありますし・・・。冷や汗 
特認今回は問題なく、ジグを使って組み立てます。そして、ブラシを交換して慣らしを済ませました。



おっ、1万7千ちょい越え、いいんじゃないですか?拍手


次にバギーヨンクに使うBZモーターです。二台あるのですが、こいつらは何時以来いじってないんだろう・・・てな感じです。一つはコミュ研してメンテが終了しているらしく、もう一つは使い込んだ感じ。そこで使い込んだ方だけをコミュ研して、ブラシを交換しました。慣らしを済ませて計測してみると、


27900回転



うん、これでいいんじゃないの・・・と思い、それでは既にメンテしてあったものは控えだな・・・と考えつつも、一応念のため計測してみると、




3万近く行ってますよ、明らかに音が違います。少し甲高い感じで。もちろんこちらを採用です。(笑

さっきまでコミュ研でカリカリやっていたのは一体なんだったんだ?(笑




でも・・・途中で分解しないだろうなぁ・・・。
続きを読む >>
| モーター関係 | comments(5) | -
久しぶりのRZ登場
日曜日の天気がまったくもって微妙な感じですが、大兄におかれましては如何お過ごしでしょうか?
エフさんの「私なんて予選2回でまともに1周も出来てない」という呪文でかなり復活したAKIRAです。あれぐらいでいじけていたなんて・・・。


青いなぁ・・・ワシ。( ´−`)


さて、日曜日は晴れると信じてボチボチ準備を。ライトのタミチャレに参加する予定なんですが、クラスは例によってGTとチャレ08。08に使うTA05Rは珍しくメンテがほぼほぼ終了しており、大方GTの準備をすればよい常態となっております。とりあえず、モーターの段取りに入りました。




コミュ研久し振り・・・。最近、コミュ研に関する検索でのヒットが多くなっているようです。カテゴリーのモーター関係を見ていただくと私なりの方法が書いてあると思いますので、興味のある方は御覧ください。


さて、GTクラスはストックモーター各種となっています。タミグラではBZオンリーで定着しておりますが、ショップはクラスによっては独自ルールがありますよね。普通ならトルク型のTZかBZの選択になると思うのですが、今回はこいつで・・・。




とりあえず、直線番長を目指したいと思います。(;´∀`)
モーターブレーキだろうがナンだろうが知ったこっちゃないっすよ。ガツーンっと。(`∀´)ノ


天気がよければ・・・・ですけど。(やばそうだなぁ・・・。)
| モーター関係 | comments(7) | -
GTチューンモーターについて
ななみパパさんからGTチューンについて質問があり、コメント欄で回答しようと思ったのですが思いの他長くなってしまいましたので、記事としてとりあげたいと思います。皆さんも思うところがあれば、コメントを頂きたいと思います。

環境やメンテ方法など分からない事が多いのですが、思いつく限りを単純なことから列挙しますと・・・


1)計測器の違い
以前このブログでもとりあげたことがありますが、マッチモのモーターマスター、京商のモーターチェッカー、ヨコモのモーターメイトなど、計測機器によって回転数は違います。そのときの記事も参照ください。ただ当時の計測の精度には疑問がありますので参考程度でお願いしたいのですが、モーマスの方が回転数が多く出る傾向にあるのは間違いないようです。私は、モーマスでチェックする場合は、GTチューンでいえば他の計測器より500回転ぐらいは上乗せだと思っています。この点は如何ですか?


2)温度の違い
はっきりテーマとして取り上げていませんが、GTチューンは温度によって回転数が違います。暖まった方が300〜400回転ぐらいアップするんです。私がエースとして使っている奴は変わっていて、800回転ぐらいあがります・・・。これは正直異常と思いますし扱い難いのですが、こういうものもありますよ。
計測時は冷えきっていませんか?


3)個体差
これはどうしてもあるようです。久しくGTチューンを買っていませんが、どうしても回らないものも過去にありました。お持ちのモーターは1個だけですか? それとも複数個あって全てが回らないのでしょうか?


4)劣化
エースモーターですが、かつてはもっと回りました。20,000回転とまでは行きませんが、19,500回転をコンスタントに超えたものです。最近はなんぼメンテしても温まった状態で19,300回転前後といった状態ですね。購入されてからどれくらいたっていますか?


5)メンテ
色々列挙しましたけど、この影響が一番大きいと思うのですが・・・。ジグを使ったブラシホルダーの調整、コミュスティックや清掃用ブラシなどによるコミュ面の清掃、ブラシ下のスプリングの調整などエンドベルの調整で随分違いがでてくると思います。雑誌やネットでの紹介が非常に多いので書くことは何も無いのですが、あえて書くならばブラシがきっちりと全当りしているかどうか・・・がポイントだと思います。ジグやピンセットを駆使して当たり面がきっちり出るように、ブラシホルダーや内部にある爪なんかを調整するのですが、その点は如何でしょうか?
私の過去ログを参照するとしたら、ココココぐらいでしょうか。あとはスーパーなタミヤフリークさんのHPを参考になさるのがいいと思いますよ。私の知識は彼には遠く及びません。



・・・あとショッキーなどによって回転数が変わるらしいのですが、この点について私は何も検証していません。安物のダイオードで済ませております。GTチューンがもう1個買えるぐらいのパーツを取り付けてどうしようというのか・・・というのがありまして。

最後にここまで書いておいてなんですが、最後にモノを言うのはバッテリーだと思います。(どんなオチやねん・・・。) なんぼ回してもバッテリーが駄目であればどうしようもありません。逆にバッテリーがしっかりしていれば、数百回転の差など気になりません。数百回転のために労を重ねるのであれば、バッテリー管理に心血を注ぐべきかな・・・と思いますねぇ。
| モーター関係 | comments(10) | -
ぼちぼち準備を
今度の土曜日のエントリー用紙が届きました。ウェザーニュースによると曇り、Yahoo!天気予報によると曇り時々晴れとなっており、なかなか希望を持たせてくれます。このままいい感じで来てほしいですな。

さて、とりあえず手持ちのGTチューンのメンテに入りました。三つあったGTチューンですが、先の宇治天でその内の一つに異常がみられてメンテしたのは二つです。ライトチューンしかお持ちでなかったT内さんにお貸ししたのですが、その際に回らない事が発覚しまして・・・。(その節はご迷惑をおかけしました・・・。)




さて、エースと控えの二台体制でちょっと心細いのですが、とりあえず両方とも一通りメンテを行いました。やることは至って普通です。バラしてクリーナーで掃除をして、ジグを使って組み立てるだけです。雑誌で得られる情報以上のことはしていません。回転数制限が入るようになってからは尚更特別な事が必要だと考えなくなりました。

ただ唯一使っているケミカルがこれ。



正直、効果があるかどうか分かりません。
買った以上は使うか・・・といった感じです。使い方はモーターマニアで紹介されている以上のことはないと思うのですが、強いて言えばキャバシターの接触する部分に塗る程度ですね。





さて、掃除してブラシを交換して当たりを出したモーターですが、冷えきった状態だとこんな感じです。





ところが7.2Vで2分ほどブン回してクリーナーをちょいと吹きかけて計測をすると・・・、



非常に微妙なモーターです。控えも似たような傾向にありますが、暖まっても19000回転を超えるかどうかといった感じですね。もし万が一エースが引っかかることがあれば、控えの当番させますが、恐らく問題は起こらないでしょう。念のため練習走行終了時に最終チェックをして、使えるかどうか判断したいと思います。

えっ? 新品を買った方がいいって?

ライトチューンやライトユニットなどストチャレ用にバッチリ準備して雨が降りましたからねぇ・・・。あまり気合いを入れすぎると雨が降るんじゃないか・・・て。まあ、気合いではいつも師匠に負けますが。(笑


いい天気でありますように・・・。
| モーター関係 | comments(10) | -
微妙なGTチューン
久しぶりに手持ちのGTチューンを引っ張り出してメンテしました。いつ買ったのかはもとより、どれがエースだったかすら覚えておりません。とりあえず、それぞれエンドベル周りの分解掃除・ブラシ交換・慣らしをすませてモーマスでチェックしました。




メンテは基本的には特別なことはしません。・・・つうか、知りません。(・∀・∩)

分解清掃したのちに、ハイブリッド製のホルダーセンタリングジグを使って組み立てています。このときにエンドベルをばらしたついでにブラシ下のスプリングを起こしてブラシにガタが出ないようにすることぐらいでしょうか。雑誌で紹介されているようなことぐらいしかないですね・・・。

モーマスのチェックの結果エースと控えが選出が出来たのですが、これがまた微妙で・・・。ご存じの通り19,500回転以下と云うお達しが大本営より発表されているわけですが、




エースモーターの値





控えモーターの値


どっちにするべきか非常に悩ましいっす。エースを使用したいのは山々なんですが、走行後に規定値を越えている可能性はあるし、控えはあくまで控え・・・ってな数字で気分もローですわ。消費アンペアをみても、エースの方が数字がよろしい・・・。(;-_-)=3

MSXXにはファンを搭載しているので、あえてファンを回して発熱を抑えるべきか・・・。



師匠、通信教育よろしくお願いします。m(_ _)m
| モーター関係 | comments(5) | -
<< | 2/7PAGES | >>