<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
瞬殺・・・、カーボン混入


104のモーターマウント下のプラパーツですが、カーボン混入は瞬殺です・・・。

そんなに激しく行ったつもりではないのですが、あっという間に砕け散ってしまいました・・・。これまでこんなトラブルとは無縁だったのですが。自分だけど思い、知り合いに聞いてみるとと、結構やっているみたいですね。X1の場合は、特にやってしまう確立が高そうです。

ご注意を・・・。




| F103/F104 | comments(2) | -
惨敗だったワーチャン2011




ご無沙汰しております、大兄。忙しくてなかなかブログを更新できずにいました。仕事が忙しいというのは幸せなんですが、いい加減疲れてきましたよ。┓( ̄∇ ̄;)┏



さて、行ってきましたワーチャン、関西代表として・・・。もう一週間以上前の話ですなぁ・・・。

結果は・・・と言うと、全く情けない状況でして。
まぁ代表権取った時点で「ワシで大丈夫かいな」と思っていましたが、己の無力さを感じる3日間となってしまいましたよ。トホホ・・・。


セッティングの大外しはなかったと思います。もちろん、例によってやらかしもあるのですが、今回は言い訳に過ぎず。

何が悪いかは分かっているつもりです。正確には、大会の一週間前に元関西代表の某氏に御指導いただいて理解したわけです、ドライビングスタイルについて。しかし。5年間それでやってきたものを、すぐに直るような脳細胞であるわけでもなく、「こうかな・・・、こうかな?」と思いながら運転していたわけですな、大兄。

そして、ワーチャン会場でこうちゃんに御指摘をいただき、ワーチャン後、師匠に同じような御指摘をいただきました。(遅いよ、師匠・・・。(笑))



 そう、突っ込み過ぎて失速し、立ち上がりが遅いんよ、ワシ。(;´∀`)



威張って言うことではないのですが、もうどうしようもなく。コンマ何秒の争いに加わることが出来ず、予選落ち。無力さをかみ締める結果となりました。


もっとも、出会い頭の衝突事故のように代表権を頂いたぐらいで、すこしばかり天狗になっていた自分があかんわけで。しかしながら、新たな目標ができましたし、ますますやる気を漲らせて帰ってきました。


来年は、もうちょっとだけ速くなりたいっすね。がんばります!



| F103/F104 | comments(10) | -
(ご報告)ここまで出来ました


ワーチャン用にボディを作っております。各方面の方々の協力によりゲットした貴重な104軽量ボディを、どんなカラーにしようかと思っていましたが、代表権をゲッツしたフェラーリF150イタリアが僕にとって験のいいボディになっていますので、104もF150にしました。

知らない人は、全く芸がないと思いがちですが、いろいろステッカー作っているんすよ、これでも。(笑

これで本ちゃんに望みたいと思います。



師匠、あと首だけっす。(笑



| F103/F104 | comments(8) | -
デフについて


一度取り上げましたけど、久しぶりにデフについて。ついでにメンテしましたので。(笑

104のボールデフは、初めて見たときは「こんなん成立するの?」って思いましたけど、意外にもスムーズ。しかし、肝がありまして1150ベアリングの状態に依存しやすい・・・ということです。




デフボールやプレートをどれだけ仕上げても、1150ベアリングが良くないとゴリゴリのままです。どれだけ頑張ってもスムーズにならない場合は、1150ベアリングの寿命を疑ってみてください。

これ、結構頻繁に交換していますよ。


| F103/F104 | comments(8) | -
X1、メンテ
ここのところ精力的にX1を走らせています。ホームコースであるgoodyのカーペット路面で色々な状況を確認しておこう・・・と思っているのですが、ここのところコンディションが安定していて極端な時がありません。goody基本セットはこれだろう・・・と思えるところに来ていますが、それでも、ちょくちょくミスをやらかしマシーンにダメージが。

goodyは結構パイロンが多く、とりわけホームストレート手前は迂闊に乗り上げると壁やお立ち台に激突の可能性もあり、気が抜けません。(笑

激しくやり過ぎると気になるのは、モーターマウントです。



ここの歪みは走りへの影響が大きいので、入念にチェックしたいところです。組んだ状態でセッティングボードにのせてガタが無ければOKだと思いますが、アルミモーターマウントでも結構あっさりと歪みますので、しっかりチェックされることを御薦めします。

また、シャフトが歪むこともありますので、こちらのチェックもついでにお忘れなく。



そうそう、X1はハイトラクションTバーが標準で付属していますが、PROに比べてヒビが入り易く、下手すると真っ二つになりますので注意が必要です。そもそもハイトラクションTバーは折れ易い方ですが、PROならばフリクションプレートがクラッシュ時に力を受け持ってくれるので、そう頻繁に駄目にならなかったと思います。X1だと全てのダメージがTバーに集中しますので、結構、交換しました・・・。(汗

そこで、ここのところソフトTバーで走らせています。今のところフィーリングは悪くないですね。もちろんハイトラクションでなくても、力がかかることには違いはありませんので、X1の場合は特に注意がいるかと思います。



| F103/F104 | comments(4) | -
乗り切れなかった愛知大会
ご無沙汰しております、すっかり朝夕は冷え込むようになりましたが、大兄におかれましては如何お過ごしでしょうか?

わたくしは相変わらず旅鴉ですわ。今も、滞在中のホテルのこのブログをしたためております。(笑

滞在先のホテルでは、しっかりストレッチを行い就寝します。サボると腰痛になる確率が高いんですよね。朝起きると「あたた・・・」みたいな。寒くなったからなぁ・・・。



さて、先週末はタミヤグランプリ愛知大会の104GPに参加して参りましたが、どうにもピリッとしないレースになってしまいました・・・。




今回は何ちゃってメルセデスGPのニコ君でトライです。(笑



●練習走行
 会場は名古屋港のタイル路面で、タミグラでは特殊な路面の部類になるかと思います。砂が浮いた路面やこういった得体の知れない路面ではとりあえず「ゴム」で攻める傾向が多いわたくしですが、今回も感触はOK。ただ、なぜか練習走行の方々を見ているとスポンジタイヤが多い・・・・。

おかげでどちらがいいのか練習走行で判断できましたが。やはり、立ち上がりはゴムの方いい。NABEちゃんに報告だ。(笑

ただ、1コーナーが特に・・・ですが、変なひっかかりがあり迂闊にインを攻められない状態です。全般的に曲がりはいいのですが、タイル目に引っかかると思いもよらない方向に飛んでいくことがあるのが厄介です。ここをなんとかしないとね。

そこで、フロントキャンバーを1度から2度に変更。これで1ヒート目に望みます。(ちなみにハイサイド対策もこれに似た感じかと。)



●予選1回目
 キャンバーの変更はグッドでした。変な引っかかりもなく、いい感じで攻めていけそうです。そう車は良かったんです・・・。

ところが、人間があかんかった・・・。_| ̄|○

いいスタートをきって先頭で2コーナーを抜けていくところまで覚えていましたが・・・、あっちで転び、こっちで転び、どうしたんだ・・・ワシ?ってな感じです。まぁなんとか、最後の最後にそれなりタイムをだしましたが、全くもって乗れていない・・・。

一応、暫定3位につけますが、全く納得せず・・・。気持ちを切り替えて次に挑みます。



●予選2回目
 予選1回目の走りを見る限り、車は全く文句なくイケてる感じです。練習時に感じた変な引っかかりはありません。ここで、もっと旋回性を上げてやろうと欲をコキます。カウンターウェイトを外し、シャフトを鉄からカーボンに交換しました・・・が、

これがアカンかった・・・。

リアグリップがかなり希薄になってしまい、握っていけません。特に黒色のタイルはちょっとやばい感じ。


やってもうた・・・。_| ̄|○


後悔しても始まりませんので、それなりにまとめようと努力しますが、一回目のタイムを更新することができず、残念な結果に。とりあえず9位で予選を終え、ポイントはなんとかゲットできました。



●決勝Bメイン
 さて決勝ですが、シャフトを鉄に戻し、カウンターウェイトも戻します。グリッドですが、外人ポールのNABEちゃん、代表権をゲッツされているカズさんに続き3番目。ここでちょっと違う作戦にでようとスポンジタイヤをチョイスします。

ただ、これもやっちゃいけなかった。

後半追い上げ・・・と思っていましたが、決勝タイムを4分と勘違い(実は3分)していました。タイヤをいたわれば十分持つはずです。なにより気温が下がってきていましたからね。ゴムが不利となる要素は少なくなっています。今回はちょっとやらかしが多かったようですね・・・。

そしてなにより、また、オープニングラップでゴロンチョ・・・。

他のマシーンより立ち上がりが悪いので、無理に抑えるべきではなかったのですが、気が焦っていたんでしょうねぇ。勝手に飛んでレースを台無しに。なんとか挽回して5位でフィニッシュしましたが、人間がまだまだですわ。

修行します・・・。(;-_-)=3


さて、今度はホームでのタミチャレですが、結果はともあれ、しっかりレースを作るように頑張りたいと思います。



| F103/F104 | comments(2) | -
あっ、そうそう
そうそう、こんなCAD図もありましたね。



これがおそらく

  OP-1333 F104X1 フレキシブル ロングアッパーデッキ 2,200円

なんでしょうね。11月発売ということだけど、ワーチャンに間に合ってくれるのかな。


X1はセパレートアッパーデッキがデフォですが、ロワデッキにしなりを誘発させてリアグリップを確保したいのであれば、ロングアッパーデッキにして中間のポスト(およびビス)を外したほうが良いと思っておりました。これはぐりさんとも話をしていたのですが。

やっと出るなぁ・・・・といった感じですね。

形状的に、中間にポストがあってもしなりそうな感じですな。ちょっと楽しみですね。



でも、形状がX1じゃないなぁ。(笑  (兄貴的には『X<1』じゃない・・・ですか?(笑))



| F103/F104 | comments(0) | -
グデ練




X1とPROを持ち込んで走り比べ。どちらも甲乙付けがたい・・・というか、あまり違いが・・・。(汗

今回はPROの方が軽快な感じがしますが、リアのセットに微妙な違いがあり、これが原因か。とりあえず先入観なく、走り比べてセットを色々と試してみようかと思います。

| F103/F104 | comments(7) | -
ダンパーエンドにご注意(は、ワシだけ?)


リア廻りをついでにパチりと撮ったのは、私自身がよくやってしまうトラブル。ダンパーエンドを知らず知らずに締め込み過ぎて、動きが渋くなってしまう現象です。ダンパーシャフトがボール部分を圧迫してしまうんですねぇ。本人は緩くやっているつもりですが・・・、どうもまだ力が有り余っているようです。(笑

随分昔にテックの田村さんに指摘されていた事だったんですけどね。未だに油断するとやってしまいますので、ダンパーを組み直したときは入念にチェックしています。


| F103/F104 | comments(2) | -
配線をやりかえてみる


実は、アンプからモーターへのワイヤーがイマイチ気に入らなかったので、気合いを入れてやり変えました。アンプはそのままなので、せめてワイヤーぐらいはリフレッシュっと。ちょっとビビって余長を多めにとってしまうのですが、今回は私にしては思いきりました。(笑

ワイヤーはちょっと細めでゼノンのパワーワイヤー15を使用。色々と触って一番しなやかそうなものがコレでした。とりあえず、動きは満足。

当たり前ですが、ここが渋いと走りにも影響がでますので、皆さんも気合いいれていきましょう。

もちろんバッテリー側のワイヤーとコネクターも新品に。う〜ん、いいぞ。走りそうな気がする〜。(笑


| F103/F104 | comments(4) | -
| 1/14PAGES | >>