<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
GOJOへ
一週間経っちゃいましたが・・・、RC PARK GOJOへ行ってきました。簡単なレポを。





むぅちゃんの案内でやっと到着。かなり入り組んだ場所で、これは難しいなぁ。(笑
土のサーキットで走るのは、中学生以来ですから、もう四半世紀前ぐらい?

年とったなぁ・・・。(汗


ここでは二駆が大流行ですが、初心者はやっぱ四駆ですよね。ドゥルガにパワーソースは12T(センサーレス)のタミヤ仕様。バッテリーはLIFEですがイーグルを使いました。パワーが足りないかも・・・と言われましたが、このコースでは十分すぎるほどでした。フルパワーは直線だけといった感じですね。

さて、大小テーブルトップ三連ちゃんで、とりわけ2番目の大が難しい。下りを滑り降りるように行きたいところですが、なかなか合わせられません。

大体のコース取りは掴んだ感じですが、アクセルワークが胆のバギー。センサーレスが初めてもどかしく感じましたよ。(笑

予想外に大ジャンプかましたり、チョボジャンプだったり・・・。空中の姿勢を正したいと思ってもワンテンポ遅れて頭から落ちたり。

しかし、これが楽しいですな。(笑


とても一日では攻略なんかできません。近いうちにチャレンジしたいです。



最後の最後にやらかしましたがね。(笑



ちなみにタイヤはハイデンシティタイヤ/Cで行きました。リアグリップが希薄で、かなり厳しい感じでしたが、遊ぶぐらいなら十分な感じでした。四駆のパワーに任せて走らせる感じでしたけどね。


| ドゥルガ | comments(0) | -
次はバギーで飛んできます


まっ、色々とやってみなはれ! ということで、今度の週末はバギーです。デザートゲーターが我が家に来た頃から土でバギーがしたいと思っていましたが、なかなか実現出来ずにいました。

ワーチャン経験者の知り合いで、来年、JMでバギーにチャレンジを志すほど土バギーに気合いの入った方が居られ、その人のお誘いを喜んで受けたわけで。

場所はRC PARK GOJO

とりあえずタミヤ仕様でコースインしますが、パワソをレンタルして詰め替える予定です。


たのしみ(*
´ω*)



| ドゥルガ | comments(2) | -
バギヨンのセット、七転八倒
今回のカーペットコースは実に安定していたと思います。ほぼ予想通りのコンディション変化でしたが、想像以上のハイサイドに最後は打つ手を出し尽くして、最後はドライバー任せになってしまいした。

goodyのコンディションと似ていたと思います。いいときのgoody路面ですね。すなわち、今度のファイナルやインテックス、ポートメッセはなにを目指せばいいか・・・、お分かりですね?
じゃぁ悪いときはどうなんだ・・・という疑問もありますが、それはショップで試してみてください。(笑






さてバギヨンですが、我がチームは結構車高を低くセットして臨みます。所謂Aスペックという奴で(何が「所謂」だ?(笑))、インフィールド命でジャンプはなんとかしろ・・・みたいな。(笑

走らせてみるとインフィールドは絶好調。しかし五連ジャンプが大苦戦。2・2・1とジャンプするのがセオリーだろう・・・と思うのですが、2回目の着地でどうも底付きしているらしく、どこかへ飛んでいっているのが目立ちます。また、進入を突っ込みすぎというのもあるのですが、ロールを残したまま進入しているのでサスの戻りを早くしてみたり、フロントのリバウンド量を少なくし発射時のタイヤ離れを早くしてみたり・・・と練習走行中はいろいろと試していました。ただ、こうなるとフロントのイン側がコーナー時にリフトしてしまい、後半アンダーが出てしまい痛し痒しで悩んでいました。

最終的にはジャンプの方法をオリオン氏・はんなり氏の四国のWKが懇々とドライバーにレクチャー。セットの方は、車高を若干あげてフロントのリバウンド量を少しつめた以外は以前に近い状態に戻してセットアップ。ここまでが練習走行日までの話。

前にも書きましたが、予選時はデフのすべり解消のおかげかスロットルオン時のロールが・・・。(;´∀`)

ダンパーを立てて対処していきましたが、決勝へと進むにつれてグリップは向上しロール量が更に厳しくなっていました。油断するとハイサイドで飛んでいくのが見えていますし、ジャンプの進入重視にしていたためインリフトもかなり目立つ状態に。リヤ側のオイルの番手を上げる、リヤのキャンバーも1.5度から2度以上(もうここまでくると目視。たぶん2.5度(笑))にするなど、思いつく限りを投入。そうそう、リヤにはパッツンスポンジも入れたな・・・。ストロークが増えるほどに踏ん張ってほしい・・・イメージで。

そのほか、フロントダンパーのストローク量をあと3mm増やして接地感を増やしてアンダーに対応したりしました。ドライバーの腕もあって、いい走りをしていたと思いますが、もっと色々できたかな。TRFの河野君からハイサイド対策のヒントをもらったときに「あっ」と思うことがあり・・・。テンパってて、やってないんだよね。後から思い出したんだけど・・・、



M原メカ殿、ワーチャンの忘れモノってなんなのかわかったよ・・・。(・∀・∩)



しかし、うちのドライバーはやる男ですよ。それだけに決勝が残念でした。こうしたら?というのを、一発ではないのですが、徐々にマスターしていきます。五連ジャンプもかなりの確率で飛べていました。とても四十過ぎのおっさんとは思えん。(笑
まだまだ現役ですな。(`∀´)ノ
| ドゥルガ | comments(5) | -
金曜日はワーチャン準備
金曜日、岡山からわざわざTさんがgoodyに来店。バギーヨンクの調子をみるため。ダンパーの組み方の違いと、Tカーとして(駄洒落じゃない)利用するわたくしの「Are you BAKA!?」号の様子をみるのが主な目的です。




(ついに世界戦デビューか?(笑))



調子は上々で、あとは路面の読み次第かと。ダンパーの違いによるフィーリングの差は、予想通りだったのでメッカニックとしても気分良く終了。いいイメージで臨めそうです。

同じような車でも手ごたえは違うみたい。Tカーの方が丸く周る・・・というのがドライバーの評価でしたが、見ている方としてはメインカーの方がコンパクトでいいコーナリングをしている印象があります。下手すると、インにささるぞ・・・みたいな。(笑


ここまできたら、参加するだけではなく勝たせてあげたいっす。本人は、息子命みたいな口ぶりですが、やれば萌えてくる・・・じゃない、燃えてくるはずなので、少しでもアドバンテージが保てるようにサポートしますわ。



さて、宿題はこなしたかな?
| ドゥルガ | comments(11) | -
ドゥルガの紹介
相変わらず忙しくてブログ更新が停滞しておりますが、皆様におかれましては如何お過ごしでしょうか? ここの所、バギーだF1だの、ツーリングが全く出てこないので、タイトルを変えた方がええのではないかと、方々から御指摘を受けておりますので、今回取り上げるのは・・・・





ドゥルガです。 (・∀・∩)


某氏のブログでバギーの紹介がありましたので、とりあえず私も。(汗






至ってノーマルだと思います。キットを買ったものの、全く日の目を見ないということで、エフさんから大変お値打ち価格で譲り受けたものですが、そんなわけで、あまりお金をかけずに遊ぼう・・・がテーマです。(´▽`*)アハハ

それでも、最低限入れおきたいな・・・・と思えるオプションはあります。


 1)アルミサスマウント(分割式)
 2)フロントユニバ (リアはドッグボーンのままっす)


・・・これぐらいでしょうか。
あと強いて言えば、サスアームとダンパーステーの予備は買っておきたい・・・ぐらい。






ダンパーCVA でもいいと思います。走りに関して言えば特に不満はありません。カッピーの連中からは色々と御指摘がありそうですが、まぁ、遊びですから。(笑


あと、懐に少し余裕があったときに導入したオプションは


 3)フロントワンウェイ
 4)スタビライザー


ですね。正直効果がイマイチ分からなかったりしますが、いい走りを披露してくれているのでとりあえず使用しています。

注意点は、フロントタイヤの装着でしょう。ホイールが入っているかどうかが確認し辛く、失敗すると舐めてしまいます。ホイールが舐めるとどうなるか・・・。それは四国大会で嫌というほど思い知らされました。(´Д⊂

また、フロント六角ハブは割れやすい・・・らしいです。私はまだやらかしていませんが、師匠やのぶしさんなどを始め、方々から同様の話がきけますので、かなり確度は高い話だと思います。私は結構腕力があるほうですので、注意しておりますが・・・・。


ジャンプが魅力のバギー。DB-01は、大きな改造はなくても、かなりポテンシャルを持っています。お一つ如何ですか?






追伸)本日、ホームコースへ行きます・・・。

| ドゥルガ | comments(2) | -
ドラゴンボール理論

二日目のレポに入る前に、バギーヨンク決勝で気がついたことについて少しだけ書きたいと思います。


HBの原君が某雑誌で提唱していたことだと記憶している『ドラゴンボール理論』。ハチイチバギーの練習についてインタビューされた際に引き合いに出したと記憶しているのですが、要は


限界ギリギリのところに身を置いて、何をやったらNGか、どこまでならセーフか、更にいえば何をすれば限界を引き上げられるかを探る・・・


ということだったと思います。とにかく練習では良くコケる。それこそマシーンを潰してしまうのではないか言うぐらいに。でも意図は上記の通りで。
ツーリングでも同じことが言えると思いますが、ジャンプによる三次元的要素を含むバギーは、遅ればせながら『なるほどなぁ』と思うことしきりでした。それも、決勝でね。(^-^;

下手したら一周目で周回遅れになりかけた決勝。開き直って握り倒したわけですが、それによってここまでやったらコケるんだ、こうしておけばOKなんだと体で覚えはじめました。


これ、練習の時にやれば良かったんちゃうか?


と脳裏を過ぎりますが、コケても起こす人がいませんし、いきなり壊したくないですしね。無難にコースを覚える程度で終了するのが関の山でしょうか。



とにかく貴重な経験をしたことは間違いなく、大事なのは次に生かし忘れないこと。まあ、これが一番難しいのですが・・・。

| ドゥルガ | comments(3) | -
熱ダレの問題・・・かな(ドゥルガ)
バギーヨンクのパワーソースですが、バッテリーは2400ザップドまで、モーターはBZ(23T)が指定となっております。今回バッテリーは、予選では1600を使用し、決勝は2400ザップドを師匠から拝借して(得意技)臨みました。

予選2分では全然問題がなかったのですが、決勝の後半はパワーダウンが顕著になり、2位を維持するのに精一杯になってしまいました。3分を待たずにバッテリーが急激にダウンしたとは考え難く、モーターが焼けたか熱ダレを起こしたかのどちらかだなぁ・・・と考えていました。





レース後、モーターを下ろしてチェックしてみると27,000回転前後をマークし、モータースプレーで洗浄後慣らしをして再度チェックすると28,000回転を超えました。



熱ダレだな・・・。(−.−)y-~~



まず原因としては、あれほどやっとけと言われたボディの穴あけをやっておかなかったことでしょう。(爆)
正直面倒くさかったという理由なんですがね・・・。(滝汗

あと、できればファンを設置するのがいいんでしょうねぇ。今度やっておこうかな。

ただ、少々気になるのは駆動系かな・・・。ちょっとテンション高いような気がするのですが、皆さんどんな感じなんですかねぇ。これ、前にも話題にしてMさんにコメントもらいましたっけ?


あの記事、どこだ・・・。┓( ̄∇ ̄;)┏
| ドゥルガ | comments(6) | -
陰の功労車(者)
今回、奇跡的な記録を達成することが出来ましたが、陰の功労車(者)はこれでしょうねぇ。



お遊びではじめたDB01ですが、これが私に与えた影響は大きかった。なぜかと言うと

1)GT3700クラス、練習
2)バギーヨンククラス、練習
3)バギーヨンククラス、予選一回目2分
4)GT3700クラス、予選一回目2分
5)バギーヨンククラス、予選二回目2分
6)GT3700クラス、予選二回目2分


GT3700クラスのベストラップを出した二回目の予選までに、他の人より倍以上の練習をしている訳です。DB01は最小限のオプション投入に抑えていますが、下手なツーリングよりも良く走ります。非常に素直でいい仕上がりになっています。

これで、自分にあったラインを探して次のツーリングに備える事ができましたから、余裕も生まれますよね。それなり投資していますから、お遊びにしては高い買い物だったなぁ・・・と思いつつも、今は感謝で一杯ですよ。(エフさん、ありがとう!!)



でもバギーはバギーで、レースを楽しんだんですよ。特にジャンプの要素はいいですよねぇ。昔をすっかり思い出しました。もともとはバギー全盛世代ですからね。一番の収穫はこの岡山大会の予選と決勝で、ジャンプで大きなミスをかました記憶がないことかな・・・。

今回、随分自信をつけましたので、次は本気でバギーいくか・・・。(笑
| ドゥルガ | comments(8) | -
ドゥルガのボディがやっとできました・・・。
最近、AKIRAといえば痛車というのが定着してきたのか、大体ボディを見て声をかけて頂くケースが多くなりました。最初はパーソナルカラーにこだわったもんですが、実績を上げないと認知度は上がりませんから、当分私には無理な話しでして痛車に逃げちゃいましたよ・・・。(笑

そんなこんなでドゥルガのボディもお約束ということで・・・。


一応、痛車です。(・∀・∩)


今までのモノに比べれば、ちょっと大人し目ですけどね。痛車というよりキャラボ。(なにが違うねん・・・という感じですが・・・。)
キャラをアップにするとこんな感じで。




知る人ぞ知るデザインをパクッちゃいました。現物は持っていないのですが、ヤフオクでデカールの小さい写真を見つけて、それを元に殆ど手描きです。久々にタブレットを引張りだしました。ドライバーのインストールから始めましたからね。(笑

これで、ほぼほぼ準備は完了です。Cタイヤも段取りしましたし、サスアームや強化ダンパーステー、スパーギヤなどスペアパーツも大方揃えました。でもバギーのタイヤって高いのね・・・。最近ツーリングでは500円タイヤに慣れきってしまっているので、ちょっとショックがでかいっすよ・・・。_| ̄|○

財布はほぼ空っぽになり、としおさんお勧めのワンウェイには手が届きませんでした・・・。(´Д⊂



しかし、もっと問題なのはまだ走らせていないということですな・・・。┓( ̄∇ ̄;)┏
| ドゥルガ | comments(9) | -
ドゥルガ、できました。
四国大会の予備予選が通りました。(`∀´)ノ

参加クラスはバギーとミニです。ひょっとして参加は「ない」んじゃないかと思い、ドゥルガ製作の手もなかなか進みませんでしたが、ここにきて急ピッチに進みました。



・・・っで、いきなり完成です。( ´‐`)


Mさんに言われたとおり、ドゥルガの組立は意外と早く済みました。ネジはほぼ全てをヘックスに変えたので、ネジ締めは想像よりは楽に完了です。メカ積みもすんなり終了しました。TA05に積んでいたメカをそのまま移植です。アンプや受信機の位置もそのままですから、コードの取り回しの変更なくて楽ですね。ただ、TA05用にサーボの耳を切り欠いたので駄目かと思ったのですが、ひっくり返して使用しますので問題ありませんでした。

まぁ、そんなにいいサーボでもないんですけどね。(・∀・∩)


駆動系がちょっと固いような気がしますが、空回ししてみると思ったほど具合は悪くない感じ。23TのBZだからかな? 
ボディが出来たら、家の前の道路でフィーリングをチェックしたいと思います。すげー曲がらねぇと師匠に脅されましたが、どうなりますやら。



問題は、ボディだな・・・。( ̄ー+ ̄)フッ
| ドゥルガ | comments(12) | -
| 1/2PAGES | >>