<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
岡山大会に参加してまいりました(1日目、峠)
9月18日、19日に岡山おもちゃ王国で開催されましたタミグラ岡山大会に参加して参りました。なるべく代表権争いに迷惑にならないように、1日目は峠、2日目はFフリークと2WDバギーです。

コースレイアウトは、去年と似ているなぁ・・・といった印象ですが、おそらく配管で舗装しなおしたのか凸状態の箇所があり、とくに104には癖のある感じでした。

さて峠ですが、今回はあまり出番のないver2を持ち込みました。




これで峠に出るのは初めてかな?

ボディはシルビアでトライ。特に意図はありません。
一番程度が良かったので。(・∀・∩)


練習走行で走らせてみるとリアのグリップが・・・。かなり厳しい状況にあります。レーシングラジアルではこんなもんかなぁ・・・という印象ですが、どうもTBと勝手が違って走らせ難い。ブレーキがかかった感じで曲がりやすいといえばそうなんですが、goodyやライトサーキットではそれほど違和感はなかったんですけど。特設はなかなか違うもんですねぇ。

とりあえずリアを落ち着かせたいので、リア側に逆スキッドをつけて、かつ前後ともイエロースプリング(ミディアム)だったのですが、リアのダンパーを一段寝かせてみます。


この状態で予選1回目に入りましたが、リアがロールしやすくなったためか、右と左とでコーナーの立ち上がりに違いが。右巻きと言ってもいいぐらいに。四苦八苦しながらなんとかタイムをまとめ暫定4位につけます。

しかしながら、回されて後退したC様!にゴール直前で差されるほどコンペティブではありません。
(ごめん、C様!が速いんだね?(笑))


こりゃ、おもりだなぁ・・・。


リフェ側がどうしても軽くなるので、バッテリーバーに錘を載せていたのですが、これをもう少し梃入れします。以前より製作していたAKIRAオプションを投入。






透明プラ版に錘を貼り付けたもので、バッテリースロットに差す込む感じで配置します。少々、錘がシャーシより顔を出しますので、あまり低い車高では路面にすってしまうかもしれませんが、個人的にはそれほど問題視しておりません。結構高めの車高設定をしておりますので。

バッテリーバーに錘を載せるよりは、安定したドライブが出来るはずです。

また左右バランスがとれれば、癖も減るだろうと考え、リアのスプリングをレッド(ソフトに変更)。更にリアのロール剛性を減らしてグリップを稼ぎに走ります。

これで予選2回目にチャレンジ。車はだいぶよくなりました。左右の癖は特になく。ドライブも幾分しやすくなりました。ただ残念なことに、スタート直後に押し出されてしまい、あっという間に後退します・・・。そして焦ってしまいゴロンチョ・・・。タイムアップならず。予選6位でAメインに進みました。


決勝は、誰かさんが引き起こした多重事故に巻き込まれていきなり最下位に。(・∀・∩)
もう勘弁してよ〜。(笑

気を取り直して追いかけますが、ゴロンチョして戦意喪失。そもそも走らせ方がまだわからない・・・。今後にそなえて練習やな・・と更に気持ちをチェンジして周回します。色々試しながら数周するうちにだんだん掴んできたので、同じくAメイン入りされたNABEちゃんを待ち伏せして、合わせてみました。


う〜ん、悪くないかなぁ・・・。



リアグリップは相変わらず不足した感じですが、全然無理というわけではありません。皆がずるずるだと言っていましたが、こんなもんかなぁ・・・と思いつつ、遅いのか速いのか分からなかったので、峠マイスターのNABEちゃんをベンチマークにしてみたのですが。あとは本人の腕次第といった感じですね。

レースの後でNABEちゃんとふくちゃんにTA05の峠の攻め方についてレクチャーを受けました。方向性はまちがってないことを確認できたのは良かったです。ありがとう。

よし、次はもうちょっとコンペティブになるかな。щ(゚Д゚щ)カモーン
| TA05R | comments(6) | -
ちょっとアライメント弄り
チャンプで走り映像が某サイトに出ておりますねぇ。簡単にアップできるというのは羨ましいです。最近では、防水タイプのザクテ○が出ているようですし、すごい時代になりましたなぁ。

それはさておき、チャンプの練習にてNABEさんやMさんに走らせてもらってフィーリングを伺ったのですが主な感想は、

 ―藉がちょっと出ていない(M、NABE)
 ▲魁璽福蔀翦廚アンダー気味(NABE)
 ロール量が多い(M)

と言った感じでした。については走らせ方次第とだと思ったりもするのですが、上の3項目については僕も感じるところがあり、其れを意識して調整しました。果たして、うまくいきますかな・・・。( ´−`)




,砲弔い討蓮▲侫蹈鵐箸離函爾0.5度のトーインになっていましたので、1.0度のトーアウトにしました。これで結構変わると思います。


△砲弔い討蓮▲螢△離汽好泪Ε鵐箸慮紊軋Δ縫好據璽機爾鬚い譴撞侫好ッド(英語で言うところのスクワット)にしていましたので、これを外しました。



コーナー中盤から出口にかけてグリップが欲しいときは、後ろ側に荷重が移動しやすくなりますのでこれが結構有効なんですが、今回の場合はオーバーグリップだったかもしれません。


ロールに関しては、気休め程度かもしれませんがフロントだけスタビをいれました。,砲盥弩イ垢襪呂困任后




その他、車高やリバウンドの調整もほんちょっとだけかましておきました。当日、サーキットで様子をみて微調整ですな。
| TA05R | comments(5) | -
帯に短し襷に長し・・・
実はフロント部の一部を破損して(外れて)終了したチャンプの練習。ちょいとメンテです・・・。



フロントのドッグボーンでちょっとトラブルっています。ショートリバサスに変更してトレッドを狭くしておりますが、フロントは46mmでは微妙に長く、42mmでは微妙に短い。サスマウントもナローにしていたときは42mmでいけたのですが、挙動がシビア過ぎたのでB1+A1のIFS-Rパクリ仕様に変更したところ42mmではやばい・・・。当たり所が悪いと3輪駆動車になります。
チャンプの最後の最後にやってしまいました・・・。_| ̄|○


4mmの差って、結構あるのね・・・。


46mmでいいんじゃないかと思うのですが、フルボトムさせると微妙に渋くなる・・・。この微妙・・・というのが伝わり難いのですが、渋くなるというよりは半周毎に当たっている微かな感触があるんすね。(サスマウントをナローにしていたときは、明らかに当たっていましたけど。)


それでは、フルボトムすることがあるのか?





(−.−)y-~~





・・・まずないんでしょうね。ロールさせないように転がしを心がけるつもりですし、IFS−Rも46mmですからね。細かいところは気にせずいきますか。



6/26追記
左右共に46mmに変更したところ干渉が酷くなっちゃった・・・。動きもスムーズではないっす・・・。_| ̄|○
それと、スペーサーを外しても短くはなりません。やはり、ワンウェイの中に入れる棒が突っかえてダメでした・・・。

44mm、買ってるくるかのぉ・・・。
| TA05R | comments(11) | -
久しぶりにチャンプへ
雨の鬱陶しい季節が続いておりますが、大兄におかれましては如何お過ごしでしょうか?

某所主催のチャレを諦めて、今度の29日にチャンプで行われるチャレンジカップに参加することに(いわゆるプランBに)したわけですが、エントリー兼ねて週末に練習してきました。時間はあまり取れずラスト二時間に全てをかけたのですが、昼からサーキット入りしていたエフさん・Mさん・NABEさんらが迎えてくれて、和気あいあいとした走り込みとなりました。



到着して早々「GTチューンです」発言が物議を醸し、他の3人も私に会わせて載せ変えてくれました。しかも手持ちのGTチューンの調子が悪くNABEさんに控えを借りる始末・・・。御付き合い頂いた皆様ありがとうございました。m(_ _)m

レーシングラジアルでの走行は正直初めてだったのですが、ちょっと慣れが必要ですね。破綻しないのですが、意外と曲がらない・・・。先に来ていた3人も相当セットに悩んだようですが、僕もちょっと迷いました。


「ここまで曲がらないか・・・。」


コースの中盤で二連ヘアピンがあるのですが、曲がらない車では非常に厳しいっす。3人についていけません・・・。




私のドライブではコーナー時のロール量が多くなるのでアップライトの後ろ側を使っていたのですが、我慢ならずに前側に移動。舵角量が最大にできることと初期反応のアップが期待できます。ただ、私はコーナー中盤でおりゃおりゃとアクセルを開けながら外側に加重を載せるタイプですので、エフさん曰く『インリフトしている』と。

下手すると中盤止まるような感覚がありましたが、まぁこんなもんだろうと・・・。しかしながらエフさんの薦めもあり、客観的に見るためにNABEさんやMさんにドライブしてもらうと至って普通に走っています。


はは〜ん、ワシの手かい!(;´∀`)


中盤我慢と言うよりパーシャルでいく方が感触がいいことが分かりました。それを踏まえてドライブしてみるとなかなか感触がいい。この感覚をよく覚えておかないといけませんな・・・。いかんせんお立ち台が高くてロールが見え難いのですが、転がる感覚が違うのでこれで良いだろう・・・と。


やはり仲間との練習がいいですね。


2パックほど走りこんできましたが、感触はまずまず。後はバッテリー管理をちゃんとやってレースに臨みたいと思います。




サーキットで話しかけて頂いた方、ありがとうございました。セット出しとトラブル対処でバタバタしており愛想無しでスミマセン・・・。これに懲りずにまたお声をかけてくださいね。宜しく御願いします。
| TA05R | comments(10) | -
かなり上向きになってきたTA05
一時はかなり深く迷宮に入り、ぶっちゃけ手放してしまおうかと思っていたぐらいのTA05Rですが、ここのところ手ごたえを感じるようになりました。きっかけはフロントナックル側のピロボールの位置変更だったのですが、振り返ればこれがかなり利いていると思います。舵角が若干少なくなるのでどうだろうかと思っていましたが、特に問題はないようです。コーナリング(特に初期)で唐突にリアが流れ出したり、異常にロール量が大きい場合でしたら効果があるかもしれませんのでお試しください。

後は動的キャンバー変化のつけ方ですが、これについては至って普通がいいようです。もう少し詰めていきたいところですね。

その他、細かいところもありますが、セットが固まり次第、機会があればセッティングシートに纏めてみたいと思います。




さて、ここのところ箱車用にナロー化した05Rを走らせたわけですが、若干の変更を施したいと思います。宇治とラジコン天国名古屋、レースではありませんが名古屋港ガーデンふ頭で走らせた結果、曲がりよりも少し安定重視でよいのではないかと感じまして。つまりナロー化のし過ぎではないかということと、前開きをもう少し抑えようかと。具体的には、


 フロントのサスマウント : 1A+1XA ⇒ 1B+1A
 リアのサスマウント : 1XD+1B ⇒ 1XB+1D

 これらの変更でトレッドが前後とも1.5mmぐらい広がるのかな?



べ・・別に、IFS-Rのパクリじゃないんですよ。(・∀・∩)


ショートリバサスの行き着くところはこんな感じなのかもしれません。もともとロールしやすい上に前開きにする必要性が薄いというか極端な前開きはやり過ぎかなぁ・・・と思うところもありましたから。

さて、次に05を走らせるのはチャレ本番かな。ここまで仕上がってくれたのであれば、あとは腕の問題ですからねぇ。なんとか代表権を得てファイナルに行きたいもんですな。
| TA05R | comments(9) | -
ラジコン天国名古屋店へ
男は三人のジェダイマスターを前にしていた。セッティングやドライビングなど様々な有り難い教えの中で、どうしても理解しがたい事を男は三人のマスターに問いかけた。


 男:マスター達よ、どうすればそのような超空間移動が可能になるのだ!?

 マスター1:AKIRAよ、フォースを感じるのだ。そして聖地を感じるのだ。

 マスター2:ホームコースから何倍の距離ではない。聖地から何分の一と感じるのだ。

 マスター3:さすれば、名古屋は庭のようなもの・・・。

 男:・・・簡単に言うが、その境地に達するのはなかなか難しい。

 マスター1:簡単な事よ。なんぼ運転しても疲れない仲間を引き込・・(モゴモゴ・・・)



タミグラが中止となり、雨天時の代替地として考えていたショップの開店時間が12時だったので、その間、朝食も兼ねてファミレスで時間を潰すことにしました。色々と面白い話を聞きました。上の話も脚色していますが、ほぼそのまま。その他、詳しく書くと夜が明けてしまいそうなので、また機会があるときに。

さて、貴重な教えの時間もさることながら、ラジコンは走らせてなんぼですよね。ひとしきり話したあと、三人のマスター達と一緒にラジコン天国名古屋店に行きました。





コースは雑誌やネットなどで見た事がありましたが、全体的に広くてコース巾もゆったりしていますね。かつ間延びしている訳でもなく、またコーナーのいたる所でパイロン地獄が・・・。なかなか楽しめそうですよ〜。




ピットもなかなか充実していて広く取られています。ここまで充実しているサーキットは中々ないですよね。(左奥が師匠で、ピースサインを送っているのがK西さん。私の右隣にとしおさんがピットを構えました。)




電飾で走らせているのは私達だけですからね、結構目立っていたのではないでしょうか。(写真を頂戴しましたよ、としおさん。)

モーターをGTチューンに載せ変えて、タイヤをAタイヤに履き替えました。問題はギヤ比・・・。赤ら顔の酔っ払った親父が、設定ギヤ比を教えずにかなりスピードが出るとふいたものですから、私は5.6ぐらいでとしおさんは5.0辺りに設定。正解は5.8ぐらいだったのですが・・・。(親父!)

ものすごい勢いで直線をかっ飛ばすとしおさん・・・。┓( ̄∇ ̄;)┏

結局、5.6で統一してチキチキやることになりました。タイヤのチョイスにそれぞれ迷いがあったようですが、結局Aタイヤに落ち着いたのではないでしょうか。私は終止Aタイヤで押しました。私の場合はハイサイドもなくパイロンに片輪を乗り上げても転ぶ事もなくセットとしては合格ラインだったと思います。

ただ、三人の走りに触発されてフロントにワンウェイを入れたときに左巻きが・・・。実は、前後デフの時も若干挙動が変だなぁ・・・と思っていたのですが、フルタイム四駆でゴリ押ししていたので、コントロールの範囲内でした。

ワンウェイ時の左巻きがあまりにもひどいので師匠に見てもらったところ、どうもユニバーサルシャフトのドッグボーンが長いとのこと。デフのナットが左側に出ているのですが、それが当たっているらしい・・・ということで、短いものにチェンジしました。ナローセットにしたのは良かったのですが、その点を見逃していましたね。皆さんもお気をつけ下さい。あと、タイヤも怪しいので比較的新しいものにチェンジして左巻き解消しました。

ただ、ドッグボーンかタイヤか・・・。それは次のレースではっきりするでしょう。(笑


さてサーキット走行ですが、さすがマスタークラス・・・。一旦後追いになると二度と絡めません。一応三人についていくのですが、4台並んで淡々とコース周回を重ねて行くだけでドラマが生まれないっす。そのうち自分がじれてしまい、ミス・・・。


まだまだですなぁ・・・。(´・ω・`)


マスター達以外の速い方の走りももっと見て勉強するべきだと思いましたね。そんな目一杯のバトルを5本ほどかましたのでしょうか・・・。彼らとはレースで一緒になっても練習することは滅多にありませんから貴重な時間でした。夕方五時ぐらいにショップを後にしましたが、また、いっちょ揉んでやってください。
| TA05R | comments(9) | -
TA05のシャーシのねじれ
名古屋に向けてメンテを継続中です。ユニバに対する毛の絡みに閉口することもさることながら、マリモみたいな毛の塊が出てきてびっくり。カーペット恐るべしですなぁ。

バンパーとバルクの間に潜んでいますよ。(´・ω・`)


さて、メンテの時にタイヤを外してセッティングプレートに載せたとき、05に対していつも不満に思うのはシャーシのねじれです。師匠から「そんなもんだろう」と言われていますが、正直納得いくレベルじゃないんすよね、これが。

サスマウントやバルクが載っている部分(細くなっている部分)が反り上がっていることについては、スキッド角がついているとして目を瞑るとして、私が許せないと思っているのはアンプの辺りが反りあがっていること。



アンプの後ろ側(写真矢印)を押すとウィリーしませんか? (;-_-)=3

なんちゅう精度の悪いバスタブシャーシや・・・とずっと思っていましたが、原因が分かってきました。問題はモーターマウントにあるようです。モーターマウントとめるビスのうち、後側の長いビスを取り省くとこのねじれが解消するのです・・・。



但し、これで解消できるじゃん・・・と思うのは軽率かもしれません。

この状態で激しくクラッシュすると、モーターマウントが歪む可能性がとても高くなるはずです。(※あやまっくさん、ごめんなさい。元に戻しておいてね。

チェックしてみると、問題の箇所のモーターマウントとバスタブシャーシの間に隙間があるようです。(写真↓では全然わからないけど・・・。しかもピンボケ・・・。(;´∀`) )




そこで、この間に0.3mmのシムを入れてみました。




この状態でシムを入れるのはとても大変ですが、気合いと根性とピンセットでなんとかねじ込むことが出来ました・・・。(笑

シムを入れてビスをねじ込んでみると大方ねじれを解消することが出来ました。気持ち、0.1mm追加したいところですが、さすがに2枚以上いれようとするとモーターマウントを外さないといけませんので、こりゃまた次回にでも。(汗

言うまでもありませんが、シャーシのねじれについてはスチフナやセンタープレートを緩めて調整することが大事ですし、場合によってはサーボの取り付け具合によっても生じてしまうようです。どのネジが関係しているか、ご自身で調査してみてくださいね。
| TA05R | comments(6) | -
走行会 in ラジ天宇治店


魔人やらなんやらと集結してしまい、それが雨を呼び寄せたかNRPでの走行会はキャンセルに・・・。(´Д⊂

この前のタミグラは良い天気でしたし、今度の名古屋もなんとかなりそうよ・・・。ワシじゃないと思うけどなぁ・・・。(´・ω・`)


代替地である京都に向かった猛者(或いは阿呆(笑))共は11名ほどでしょうか。ラジコン天国・宇治店に大集結して、そこで臨時走行会と相成りました。






今回はTA05Rを持ち込み、今週末のタミグラに向けて練習です。ナロー仕様がちゃんと走るのか心配でしたので。もちろん、例のアスカFDボディを使います。室内サーキットはLEDが映えますからいいですねぇ。一生懸命作った甲斐がありましたよ。

ここで本気のセットを出していいのか少し躊躇しましたが、あまりシビアな車でもあかんやろうと思い、ここではセット出しのポイントを押さえるだけに留めます。

500円タイヤでコースインしましたが、びっくりするぐらい初期反応が高い・・・。前開きセットを1A+1XBとしていましたが1A+1XAに変更。スプリングをミディアムからソフトに変更して車高を調整します。前5.5mm、後6.0mmとしていましたが、前後とも6.0mmとしました。名古屋の路面はバンピーなので、車高はちょっと高めが良いと聞いていましたのでこのセットとしています。

これらの変更のうち、おそらくスプリングが一番効いていると思うのですが、かなり落ち着いた走りに変わりました。この後もいろいろ弄ってみようかと思ったのですが、路面特製が結構特殊なので大きな変更はここでストップ。コースイン当初はいいのですが、走らせるうちに500円タイヤがどんどんグリップしなくなり、最終的には曲がらないはテールを振りながらコーナーを立ち上がるは、かなり厳しい状況になる始末。ホイールスペーサーやトー角の変更は少し行いましたが大体の傾向がつかめたので、あとはもう走る事に徹したほうがいいなぁ・・・と。

何パック走ったのか正確には覚えていないのですが、10台前後の走行会は走り応えがありましたねぇ。ギヤ比は6.0とタミグラよりちょっと高速気味なんですが、これが適度にいい。あちこちでバトルが行われているのを見ながら、面白そうなところへ乱入して荒らす・・・という感じで。(笑



今度のタミグラに向けていい練習になりました。
(`∀´)ノ




今回、宇治で付き合っていただいた方々は皆Aメインを狙えるぐらいの腕の持ち主でしたからね。サイドバイサイドの面白いバトルが出来ました。時には鼻先をねじ込んで押し出すこともあり、上に乗っかるのが好きな人もありと爆笑でしたが。

皆様、機会があればまた宜しくお願いします。m(_ _)m



ひとしきり盛り上がり、さぁ帰りましょうか・・・というところで顔を出してくれたT橋さん。抜群にタイミング悪いっすよ・・・。
Mさんも帰っちゃったし・・・。┓( ̄∇ ̄;)┏

でも、いろいろと面白い話が聞けてよかったです。あんな話をしたら、みんな○rayに移行しちゃいますよ。(汗) 今度、太治に行くときはパワーソースのサポートをお願いいたします。(笑
| TA05R | comments(14) | -
ナロー化に着手
箱車のトレッドは狭いとは聞いていましたけど、本当に狭いですね〜。タイヤをつけてボディを載せた時に改めて実感しました。ホイールアーチにタイヤが干渉しそうですよ。そこでナロー化に着手です。



リアには前からショートスパン・サスアームを使っているのですが、サスマウントを更に狭めます。1XB+1Dとしていたものを、1XD+1Bでいってみようかと。またリア側だけホイールアーチと前後位置が合っていないのでスペーサーを若干変更します。0度のアルミアップライトを使用しているからでしょうか・・・。2mmぐらいホイールベースが長くなります。

フロントは普通のサスアームを使っているので、まずはショートスパンに変更するとして、サスマウントをどうしましょうか・・・とちょい迷い気味です。ショートスパンに前開きセットはちょっとやり過ぎなイメージがありまして。

1A+1XBにして気持ち前開きにしようかと考えつつ、まだ実行に移していません。全国の箱車+ショートスパン野郎の皆様はどうしてはるのでしょうか?
| TA05R | comments(7) | -
TA05の緊急対策in太治とは
ライトサーキットのテストで非常にバランスが良くなったTA05R君。屋外サーキットでありながらも、使い古しのレーシングスリック(500円タイヤ)にて終始弱アンダーの良好な感じでした。もう少しインへの切り込みが鋭くなればラップも上がると思い、ここで一気に畳み掛けるように施したセットは以下の通りです。


 ・フロントのサスマウント:1C+1A ⇒ 1C+1XB かなりの前開きに
 ・車高:前後ともに5mm ⇒ 前4.5mm、後5.5mm
 ・リアのサスアーム:リバサス ⇒ ショートリバサス

※リアのサスマウントは1XB+1Dだったのですが、手持ちのサスマウントではこれ以上ナローに出来なかったのでリアだけショートスパンサスアームにしました。


こんな感じでしょうか。ショートスパンサスアームについては、サスマウントでナローにするのと意味合いが違ってくると思いますし、ロール量が多くなる為に何か弊害が起こるかと一瞬躊躇しましたが、随分前にテストして旋回に関して言えばいい手ごたえを掴んでいたので実行しました。

ところが、ミディアムナロータイヤ(A)ではあまりにもピクピクの超シビアになってしまい、中速コーナーを丸く曲がることができません・・・。MNタイヤで走らせれば、普通に考えれば当たり前なんですが、TA05で走らせた実績があまりにないので想定すらできず・・・。Wエントリーでサスマウント関係を戻す余裕が無さ過ぎるので、


 ・車高:前後とも5mmに戻す
 ・フロントダンパー:一段寝かせる(ノーマルより一段立っていた)
 ・リアのホイールスペーサー:1mm追加。(もともと無い状態にしていた)
 ・フロントのトーアウト:1度 ⇒ 0.5度


ざっとこんな感じでいきなり全部変更しました。予選1ヒートと3ヒートは全く洒落にならない状態でしたし、2ヒート目はタイヤの選択に失敗して満足いく走りではなかったので、コレのよさを実感したのは決勝(Cメイン)のときでした・・・。(;-_-)=3

Cメイン下位スタートからメイン優勝を勝ち取ることが出来ましたので、それなりの成果が出ていると思います。Cメインといえどもなかなかレベルが高く、トップを奪取するのはレース中盤まで適いませんでした。その中でのトップゴールでしたから少し自信に繋がりましたし、最後だけ気持ちよく走ることができてよかったです、ハイ。(・∀・∩)




ただ、レース中盤で変な舵残りがあるなぁ・・・と思いつつ苦戦。帰りにいろいろとエフさんに相談していましたが、家に帰って05を見たらフロントサスマウントの前側のビスが緩んでいて取れる寸前でした・・・。_| ̄|○


原因はこれか? (´・ω・`)
Wエントリーで忙しかったとはいえ、ちゃんとメンテしないとね・・・。
| TA05R | comments(6) | -
| 1/2PAGES | >>